【中〜上級者向】タグの設定について

タグとは

Webサイトなどで、書式の指示をしたり画像の表示やリンクを埋め込むための記述をタグと呼びます。ほとんどのタグは<タグ名>〜で構成されており、Webサイトに表現したい内容はそのタグを使って記述されています。

アクセス解析「Googleアナリティクス」で使用されるトラッキングIDもタグのひとつですが、解析や広告効果測定に使うタグが増えれば増えるほど、管理が煩雑になってしまいます。

ebook5はブック毎にタグを個別設定することもできますし、1つのアカウント内にある全でのブックに対し同じタグで共通設定することも可能です。その設定方法について説明いたします。

共通設定

ご利用アカウント内にある全てのブックに対し、共通のタグを設定することができます。
※無料トライアルではご利用できません

1. ブック一覧画面にある、「タグの共通設定」をクリックします。

2. 画面左側「Googleアナリティクスの共通設定」下の「トラッキングID」を入力すると、全てのブックが共通のタグで効果測定できます。

3. 右側の「タグの自由入力」は</head>と</body>直前への<script>タグや<meta>タグなどを入力することができる設定です。
Googleタグマネージャーなど、複数のタグを管理できるTMS(タグマネージメントサービス)のコードや、検索エンジンへのインデックスを防ぐコードの入力に対応することが可能です。
TMS(タグマネージメントサービス)のコード、検索エンジンへのインデックスを防ぐコードにつきましては、</heady>直前に入力することを推奨しております。
その他につきましては、タグの属性よって入力に適した箇所も異なります。JavaScriptの処理内容なども考慮し設定してください。

※タグの設定に不備がありますと、ブックが正常に動作しない原因になります。慎重なご入力をお願いいたします。

個別設定

ブック毎に個別のタグを設定することができます。
※無料トライアルではご利用できません
1. 各ブックの上部メニュー「ダッシュボード」をクリックします。

2. 「Googleアナリティクス」をクリックし「トラッキングID」を入力すると、個別のタグで効果測定できます。
初期設定では「共通設定を適用する」にチェックが入っていますので、個別設定したい場合はチェックを外してください。
※共通設定と個別設定どちらも入力している場合は、個別設定が優先されます。

3. 「タグの自由入力</head>」 「タグの自由入力</body>」をクリックすると、ブック毎に</head>や</body>直前へ<script>タグや<meta>タグなどを入力することができます。
初期設定では「共通設定を適用する」にチェックが入っていますので、個別設定したい場合はチェックを外してください。
※共通設定と個別設定どちらも入力している場合は、個別設定が優先されます。

TMS(タグマネージメントサービス)のコード、検索エンジンへのインデックスを防ぐコードにつきましては、</heady>直前に入力することを推奨しております。
その他につきましては、タグの属性よって入力に適した箇所も異なります。JavaScriptの処理内容なども考慮し設定してください。

※タグの設定に不備がありますと、ブックが正常に動作しない原因になります。慎重なご入力をお願いいたします。
 

【注意事項】
※共通設定と個別設定をどちらも入力している場合には、個別設定が優先されます。

※共通設定で「タグの自由入力」を設定し、個別設定で「Googleアナリティクス」のトラッキングIDのみを入力した場合は、両方のアカウントにてトラッキングが行われます。

※共通設定の「タグの自由入力」で設定した内容を反映したくない場合は、各ブックのダッシュボード画面より個別設定してください。

Googleタグマネージャーの設定例

Googleタグマネージャー管理画面で設定したタグを、「タグの自由入力」に設定します。

Gooogle タグマネージャーから各ページのリンククリック数やページのズーム回数をトラッキングするには、Googleタグマネージャー画面上で事前に設定を行う必要があります。
この設定をしていない場合、ブック自体へのPVはカウントされますが(ページめくり)(リンククリック)(ページズーム)(PDFダウンロード)(キーワード検索)(印刷)のカウントがトラッキングされません。

Googleタグマネージャーを使用してアクセス解析情報を取得する

Googleタグマネージャー管理画面から取得出来るコードは以下のような内容になります。

<!– Google Tag Manager –>
<noscript><iframe src=”//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-XXXXXX” height=”0″ width=”0″ style=”display:none;visibility:hidden”></iframe></noscript><script type=”text/javascript”>// <![CDATA[
(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({‘gtm.start’: new Date().getTime(),event:’gtm.js’});var f=d.getElementsByTagName(s)[0], j=d.createElement(s),dl=l!=’dataLayer’?’&l=’+l:”;j.async=true;j.src= ‘//www.googletagmanager.com/gtm.js?id=’+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f); })(window,document,’script’,’dataLayer’,’GTM-XXXXXX’);
// ]]></script>
<!– End Google Tag Manager –>

※「XXXXXX」には、それぞれ個別のIDが入ります。
※Gooogle タグマネージャーから各ページのリンククリック数やページのズーム回数をトラッキングするには、Google タグマネージャーの該当タグのトラッカー名を空欄で設定する必要があります。

・複数のタグの設定やタグの設定不備などによるトラッキングの障害や、データの未計測についてebook5サービスでは保証致しかねます。
・タグの設定不備がありますとブックが正常に動作しない原因になりますので、設定元の各サービスのご利用方法をお確かめいただき、十分理解した上でご利用ください。

※ASPタイプ管理画面で作成する際のプレビュー時にタグは反映されません。公開後のURLにてご確認ください。


【検索用キーワード】
GoogleAnalytics/グーグルアナリティクス/グーグルAnalytics/GTM

Tagged: