一番選ばれているHTML5の電子カタログ

つくるを応援するブログ - INSPI

作り方・コツ

お部屋の雰囲気を小物で演出!100円グッズで作るブルックリン風インテリア

18588
views

レンガの壁、ビンテージ調の家具、アート作品やハンドメイド小物などでおしゃれに演出されたブルックリンスタイルの部屋に憧れる方は多いと思います。大きな部分では壁紙や家具で空間を作っていくことになりますが、ちょっとした小物でも雰囲気を出すことができます。今回は、100円ショップなどで手に入る材料を使って、ブルックリン風の小物を作る方法をご紹介します。

まずは「ブルックリン風」のイメージを参照する

まず、ブルックリンの部屋のイメージを集めて、どんな小物があるといいのか参照してみましょう。
試しに、Pinterestで集めたイメージはこんな感じです。

Pinterestには世界中のおしゃれな画像がたくさんありますが、気に入った写真を自分のボードに集めることができ、アイデアやインスピレーションを得るのに大変便利なツールです。


© 2mmedia – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/118199307

ブルックリンスタイルの部屋で大きな要素を占めるのはやはり、レンガの壁ですね。日本の住宅、とくに賃貸物件ではリアルなレンガ壁を作るのは難しいので、デザイン壁紙などを使って再現するのが現実的です。

こちらは輸入壁紙専門店の「WALPA」の動画コンテンツです。このように、DIYで壁紙を張り替えることでお部屋の雰囲気をガラリと変えることができます。レンガ柄の壁紙を一面に貼れば、一気にブルックリンらしい雰囲気になることでしょう。

小物のイメージカラーを考える

先ほど紹介したPinterestなどでたくさんの参考画像を見られるわけですが、いざ自分で用意しようとすると、どんな小物がいいか決められない場合もあると思います。

そんな時は、先に小物のイメージカラーを絞っておくのがおすすめ。色の統一感を出すことができますし、アイテムを選ぶ時にはっきりした基準があると判断に迷うことが少なくなります。

今回ご紹介する例では、「黒とゴールド」、そして「ウッド調」にしたいと思います。


例えば、ガラスにレトロな雰囲気のデカールが貼られたドア。NYに行くと、お店の窓に貼ってあるゴールドが効いたショップサインのデザインが目を引きます。同じようなドアを設置するのは大掛かりで大変ですが、小物を使って似たような雰囲気を表現することは可能です。

レトロなショップサイン風のDIYボトル
ガラスに貼られているサイン自体は100円ショップで気軽に手に入れることができます。ですが、ドアに変わる小物は何がいいでしょうか?


おすすめの一つが、透明なガラスボトルです。写真のボトルは100円ショップのダイソーで300円で買ったもの。同じくダイソーでインテリアステッカーも購入しました。DIYといっても簡単で、ショップサインらしいシールを選んでボトルに貼るだけです。100円ショップを上手に利用することで、かなり材料費を抑えて作ることができますね。

ドアのガラスでなくても、海外のレトロな空気が感じられます。手芸用品などのハンドメイド素材などを入れてみたのですが、なかなかいい雰囲気です。
たった400円の材料費で、お部屋の雰囲気を演出するアイテムにつくることができるのです。

また、キッチン周りに置いておけそうなボトルも作ってみました。こちらは無印良品で買ったシンプルなボトルなのですが、自転車をモチーフにした100円ステッカーを貼ってみると…

可愛い雰囲気に成りますね!
こちらのボトルはお菓子やスナックを入れて、コーヒータイムに使うことにしました。
こんな風に、同じ材料を使うことで自然に色や雰囲気の統一ができてきます。

さらに、色や質感がマッチするならDIYすらせずそのまま使えるアイテムも。

100円ショップのセリアで買った、木製の小物入れ。
ウッディな色調を主張する小物ですが、手芸のパーツ類やアクセサリーなどを整理するのにも良さそうです。

こちらも100円ショップで売っている小さな瓶。フタがゴールドなので合わせやすいですね。ラックや窓際、壁際などに並べても良さそうです。

また、100円ショップよりは多めの予算が必要ですが、エレガントなデザインの生活雑貨が豊富なZARA HOMEでも、こうしたブルックリンスタイルにマッチしそうな商品が見つかります。写真のゴールドの花瓶は全身イメージカラーそのものです。木製の棚や机などと組み合わせてみたいですね。

こうしてまとめてみると、ほとんどDIYも必要ないくらいですが(笑)、最初に参照したイメージから実際にどんな小物を揃えるかを考え、さらにイメージカラーを決めておいて統一感を出す、という風に選んでいくと、コンセプトを実現しやすくなるのではと思います。

特に、今回ご紹介した透明のボトルは、シールや装飾を変えるだけでさまざまな雰囲気を表現できると思いますので、お部屋の雰囲気づくりに利用していただければと思います。


インスピはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

佐藤勝

佐藤 勝Writer

ライター/編集者/何でも屋。Web、デザイン、映像、アート、観光などの記事執筆や、企業・団体のコンテンツ制作など、色々やらせていただいております。 INSPIでは、生活やビジネスに役立つものづくりの情報から、面白スポットやまちづくりまで、さまざまなテーマの記事をお届けします。
http://lamp-creative.com/

← 記事一覧