一番選ばれているHTML5の電子カタログ

つくるを応援するブログ - INSPI

アプリ・サービス

アドビの無料iPadアプリ「Photoshop Mix」をさっそく試してみた

87674
views

こんにちは。このほど、アドビからPhotoshopの最新機能をiPadで直感的に使える無料アプリPhotoshop Mixがリリースされました。無料にもかかわらず多機能なこのアプリをさっそくダウンロードして試してみました。その使い勝手についてご紹介したいと思います。


Photoshop Mixは、グラフィックツールAdobe Photoshop CCの最新機能を使って、iPad上で写真や画像の合成処理や補正を行うことができるアプリです。

photoshopmix_001

iPad専用のアプリですが、AppStoreから無料でダウンロードできます。

photoshopmix_002

アプリを使用するには、アプリ上あるいはWebブラウザでAdobe IDを登録する必要があります(無料)。無料で使えるかわりに、生年月日などの情報も入力を求められます。

photoshopmix_003

登録・ログインが済んだらアプリの初期画面が出ます。ここに、作成済みのデータがプレビュー表示されるようになっています。

photoshopmix_004

左の「+」をタップすると、iPad内の写真などから画像を選んで新規ファイルを作成できますので、さっそく合成画像を作ってみましょう。

photoshopmix_005

まず、背景に選んだのがこちら、海の写真です。次に、上部の小さなサムネイルで「+」になっている方をタップすると、もう1点の写真を選ぶことができます。

photoshopmix_006

猫の写真をチョイスしました。先ほどの海の写真に、この猫を合成してみたいと思います。

photoshopmix_007

下部メニューの「カットアウト」をタップすると、手前にある画像を切り抜くことができます。操作はシンプルで、残したい範囲を指でなぞるだけ。エッジの調整は自動で行ってくれます。

photoshopmix_008

もし、余分なところまでなぞってしまった場合は、下部メニューの「追加」となっているスイッチを移動して、「減算」に切り替えます。こうしてから指で余分なところをなぞると、その部分を切り落とすことができます。

photoshopmix_009

また、「エッジのぼかし」機能を使うことで、合成をなめらかにしたり、画像を浮き上がらせたりできます。

photoshopmix_010

切り抜き作業が完了し、猫以外の部分で背景が見えるようになります。あとは、サイズや方向、大きさなどをタッチ操作で調整して完成です。

photoshopmix_011

Photoshop Mixは、PCやMacなどで使われるPhotoshop CCとの連携機能があります。iPad上で作成したファイルを「Photoshopに保存」する操作をしておき、PCやMacのブラウザでAdobeのWebサイトに行き、Adobe IDでログインすると、個人メニューが表示されますので、「アセット」カテゴリの「ファイル」を選択。

photoshopmix_012a

先ほどiPadから保存したファイルが表示されますので、ここからダウンロードします。

photoshopmix_013

Photoshop専用のファイル形式であるPSD形式で保存されているので、Photoshopで開くと、こうしてレイヤー分けされて、猫が切り抜かれた状態になっています。ここからPhotoshopでさらに作りこんでいくことができるわけです。

(ちなみに、JPEG形式などでもダウンロードできますので、Photoshopをお持ちでなくても作成した合成画像を利用できます)

photoshopmix_014

Photoshop Mixには他にもこんな機能が。「コンテンツに応じる」を選んで、消したい部分を指でなぞって、「フィル」をタップすると…

photoshopmix_015

少しだけ通信処理で時間がかかります。このアプリは複雑な処理をiPadで行わず、インターネットを介してサーバーにデータを送って処理し、完了した画像を送り返してくる、という仕組みのようです。

photoshopmix_016

このように、選択した部分がそっくり消えた上に、その後ろの背景も自動で再現してくれます。

photoshopmix_017

他にも、「手ぶれを軽減」する機能なども。試しに手ブレした夜景の写真を読み込んで処理させてみました。

photoshopmix_018

確かに、手ブレがやや軽減されて、なんとか見られる写真になりました!
操作はとても簡単なのに、なかなか高度な効果のツールばかりです。

アドビは今回、このPhotoshop Mixのほかに、「Adobe Sketch」「Adobe Line」の2つの描画アプリをリリースしました。いずれも無料です。
これだけ高機能なツールを無料で提供してくれるのは太っ腹だなと思いますが、Adobe IDの登録が必要な点から考えて、同社の年額・月額料金制クリエイティブツールである「Adobe Creative Cloud」に新たなユーザーを呼び込みたい、といったところなのでしょうね。

実際、Photoshopとの連動機能は、外出先や移動中のちょっとした時間に素材を作っておいて、自宅や仕事場のMacでしっかり作りこんでいく…といった流れで作業できるのでとても便利です。

photoshopmix_019

最近では、「Eye-Fiカード」やWi-Fi対応デジカメなどが登場し、出先で撮影した写真をその場でタブレットPCやスマートフォンに取り込んで
写真をセレクトしたり、ちょっとした加工などもできるようになりました。

Photoshop Mixはこうした環境のなかで、撮影した写真を合成加工してSNSなどに投稿する、といった気軽な用途から、作品のおおまかな土台づくりといった用途など、さまざまな使い方で役立ってくれそうです。興味ある方はぜひ、使ってみて下さい。

■Adobe Photoshop Mix(iPad専用、無料)


インスピはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

佐藤勝

佐藤 勝Writer

ライター/編集者/何でも屋。Web、デザイン、映像、アート、観光などの記事執筆や、企業・団体のコンテンツ制作など、色々やらせていただいております。 INSPIでは、生活やビジネスに役立つものづくりの情報から、面白スポットやまちづくりまで、さまざまなテーマの記事をお届けします。
http://lamp-creative.com/

← 記事一覧