一番選ばれているHTML5の電子カタログ

つくるを応援するブログ - INSPI

作り方・コツ

ウェディングやプレゼント、インテリアに。 楽しみながらできるフラワーボードの作り方。

6176
views

今回は、ちょっとした贈り物から、インテリアやウェディングなどにもおすすめの、手作りのフラワーボードをご紹介します。枯れないフラワーボードは贈り物に最適で、手作りの作品はきっと喜ばれることでしょう。

フラワーボードの材料は浅草橋の問屋街やユザワヤなどで安く購入することができます。
素材のお花選びのコツは、なるべく本物らしく見えるものを選ぶことと、全体で3色くらいに色数を抑えると、全体的なまとまりが出てきます。

用意するものは:

・フラワーウッドフレーム
・造花(三色くらい)
・オアシス
・はさみ
・ボンドやグルーガン

IMG_1587

作る前に、全体的なテーマをまず決めておきましょう。例えば、南国風トロピカルや、ヨーロッパの庭園のようなイメージ…結婚式の贈り物なら、明るく華やかなイメージなど。

今回はハワイをイメージして、白に少しイエローを加えてインテリアにも使える様なフラワーボードを作ることにしました。

まず、素材のフラワーウッドフレームの大きさに合わせて、オアシスをカットします。
それを動かないようにボンドやグルーガンで固定します。
IMG_1583
IMG_1586

台座ができたら、花をどのように配置するか、挿す前にイメージを固めていきます。
IMG_1590

大体のイメージが固まってきたら、造花の茎の部分をカットし、オアシスに挿していきます。
IMG_1591

強弱をつけたり、固まりをイメージして挿していくと、まとまりやすくなります。今回は縦にボードを使うので、下の部分に重さを出すようにしました。
IMG_1592

花の位置を少し動かすだけで、イメージがかなり変わります。
IMG_1593
何度も迷いながら試行錯誤してイメージが固まったら、茎部分にボンドを塗って台座に取り付けていきます。

いろいろと配置を変えましたが、なんとか完成!
贈り物にする場合は、透明の袋にリボンをしたりするのも良いですし、インテリアにするなら、フラワーディフューザーとして香りづけをして楽しむことができます。

結婚式のウェルカムボードなら、写真やメッセージを添えていいかもしれませんね。
IMG_1595

枯れないお花のフラワーボード。いつまでも綺麗に楽しむことができるので、贈り物やイベント、お部屋の雰囲気づくりにオススメのものづくりです。


インスピはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

田中 夏実

田中 夏実Writer

デザイナー、旅行(特にNY)、映画好き。 DIY、デザイン、ファッションや海外のクリエイティブ事情を 幅広くご紹介していきたいと思います。

← 記事一覧