一番選ばれているHTML5の電子カタログ

つくるを応援するブログ - INSPI

作り方・コツ

簡単に作れてオシャレ!目を引くラッピングモチーフをマスキングテープで作ろう

26513
views

文房具店や雑貨さんで見かける可愛いマスキングテープ、使うあてもなくついつい買ってしまう方はいませんか?筆者は使うことより集めることが目的となり、ついにA4サイズの引き出し二段が満杯になってしまいました。どんなに愛おしいマスキングテープも、何年もたてば端がふにゃふにゃになったり、テープの巻きがズレてきます。気に入って買ったテープだからこそ、積極的に使ってみませんか?

どんなにかわいいと思って購入したマスキングテープも、何年もたてば端がふにゃふにゃになったり、テープの巻きがズレてきてしまうのは時間の仕業で、仕方のないことです。

そのままではなんだかもったいない!

気に入って買ったテープだからこそ、積極的に使ってみませんか?

春はホワイトデーのお返しやお世話になった方々へのちょっとしたお礼など、たくさんのラッピングをする機会も多いかと思います。包装するもテープで一か所なんとなく留めただけ、などとシンプルにしてしまいがち。ですが、ラッピングは目を引くアイテムが1つあるだけで、華やかに見えるんですよ。

今日は目を引くアイテム6つを、マスキングテープで簡単に作る方法をご紹介します。

どこにでもペタッ!シンプルで可愛いリボンタイ

袋・箱・包装紙で包んだラッピング、どれに貼ってもスッとなじむのはリボンタイです。このリボンタイはマスキングテープとハサミがあれば簡単にできます。

リボンタイの作り方は簡単。

  1. 作りたいタイの長さ+1cmくらいにテープを切り、三つ折りになるよう貼っていきます。
  2. タイの形にくるんとひねり、細長く切ったテープを貼ります。
  3. 真ん中に貼るモチーフを輪郭通りにハサミで切っていきます。
  4. モチーフ型のテープを貼って完成です。

マスキングテープに限らず、真ん中に普通のシールや立体的なシールを貼っても可愛いですね。

ナチュラル系ラッピングにはおなじみ、木のクリップ


(出典:http://atelier.woman.excite.co.jp/creation/29169.html

木のクリップにマスキングテープを貼るだけ。ただし、テープの柄の大きさなどにご注意ください。テープの柄が複雑だったり大きすぎたりすると、貼った時にいまいち垢ぬけない結果に…

クリップに貼るなら、ストライプやドットのように柄がシンプルで色数が多すぎないテープがお勧めです。

袋止めにしたり、カードを挟んだりクリップの使い勝手は抜群ですよ。

パンの留め具がオシャレに変身?!いつもの脇役をラッピングの主役に

パンやお菓子の袋をとめるために使われている、カラータイ。


(出典:http://www.cuoca.com/item/050308.html

このアイテムは、マスキングテープを貼ることで華やかな留め具に大変身します。好きな長さにテープを切り、ど真ん中にカラータイを置きます。同じ太さ・長さのテープを貼り合わせれば完成です。お好みで先端をギザギザに切ってもいいですね。


(出典:http://www.online-marks.com/Page/maste_blog/kokubo/20161119.aspx?bid=maste

また、表と裏でテープの色を変えてもおしゃれです。テープの色によってはタイがスケスケでチープな感じになってしまうかも。上手くマッチする色を見つけてみてくださいね。

もらった人がそのまま使ってくれるかも!マスキングテープテープでシュシュを作ろう

シュシュをつくるための材料と道具は、輪ゴム、幅が広めのマスキングテープ・適当な大きさの段ボール箱、ハサミです。段ボールに輪ゴムをかけて、表と裏からテープを貼り合わせるだけです。こちらの動画は、作り方をわかりやすく説明しています。

貼り合わせた後は、輪ゴムを段ボールからそうっと外し、輪ゴムが元の長さに戻るまで5分ほど置いておきます。段ボール箱は大きすぎると輪ゴムが切れてしまうかもしれないのでご注意を。


(出典:http://blog.goo.ne.jp/kotetu_8103/e/763466aea8f93aa7c2e274177216cce8

袋状のものを留めるときだけではなく、箱をとめるときにも便利です。もちろん、髪の毛をまとめるのに使っても。ただし、糊が髪につかないようご注意くださいね。

重ねて切って貼るだけ。テープで作るブローチ

不織布や布のラッピングとも相性がよさそうな『ブローチ』も、マスキングテープで作れます。紙で作ったブローチ、と聞くと手間がかかりそうだと思われるかもしれません。しかし、実はとっても簡単です。

表面用と裏面用の二種類のテープを用意します。表面用は円や四角など、単純な形に切り離せるモチーフ柄がおすすめです。裏面は重ね貼りしたときにテープのつなぎ目が見えにくい色を選ぶと上品ですね。今回は銀色の無地のテープを使いました。土台として使う厚紙と安全ピンも用意しましょう!

  1. 表面用のテープをブローチにしたい形に切り離し、厚紙またはボール紙に貼ります。
  2. 厚紙とテープをブローチの形に切ります。
  3. 裏から銀色のテープを貼ります。厚紙からはみ出たテープはハサミで除きましょう。
  4. ブローチより小さく切ったテープで縦横から二回に分けて貼り、安全ピンを固定します。安全ピンと土台の接続部が不安定な場合は、木工用ボンドで補強してもいいですね

完成です!

不織布やワックスペーパーのラッピングによく馴染みます。簡単な形なら1つあたり5分くらいで完成します。色々な種類をつくって一つのラッピングにとめると、さらに華やかさが増しますよ。

クッキー型をなぞるだけ。動物やハートの形のカードが簡単にできちゃう

最後は、ラッピングの中に忍ばせてもよし、表にタグとしてつけてもよしの、モチーフの形をしたカードの作り方をご紹介します!

厚紙とマスキングテープを用意します。さきほどブローチの土台として使用した厚紙と同じもので大丈夫です。テープは一種類でも数種類でも構いません。

1.モチーフのクッキー型を用意し、厚紙の上に置いて型に沿ってペンでなぞっていきます。

※絵が得意な方はフリーハンドで描いてももちろんOKです。

2.絵の上から、好きな柄のマスキングテープを隙間なく貼っていきます。

3.ペンの輪郭にそってはさみやカッターで切っていきます。

4.完成です。テープの種類を変えて作ったり、裏にメッセージを書いてみてくださいね!

6つの方法をご紹介しました。どれか試してみたくなった物はありましたか?そうであるなら、とても嬉しいです。マスキングテープのよいところは、可愛いさ充分なのにリーズナブルで、使いみちが豊富な点です。ラッピングのために沢山用意しても、お財布に優しいので惜しみなく使えますよね。お気に入りのマスキングテープをラッピングの主役にして、世界に一つだけのプレゼントに気持ちを乗せてみませんか?


インスピはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

樋口 亜沙美Writer

ライター/講師/インタビュー記事作成を中心に、「聴く・組み立てる・まとめる・書く」の一連を仕事にしています。人と企業とモノが持つ「オンリーワンの魅力」を書く楽しさを日々味わっています。インスピでは、今すぐ知りたい解決法、仕事の疲れをちょっとの工夫で癒せるお役立ち記事をお届けしています!

← 記事一覧