一番選ばれているHTML5の電子カタログ

つくるを応援するブログ - INSPI

作り方・コツ

とっても簡単なDIY!自分好みのオリジナル夏カゴバッグの作り方

14876
views

夏に大活躍のかごバッグ。街にアウトドアにと色々使えますよね。ただ、実際に探してみると意外に好みのものがなかったり、毎年、同じデザインで飽きてしまったりすることも。そこで、今回はかごバッグを自分好みのテイストにリメイクするアイデアをご紹介したいと思います!

まずはシンプルなカゴバッグを用意します。飾りが付いてるものはハサミを使って丁寧に取り外します。

diy_summerbag_002

ここに自分好みの装飾をしていくのですが、おすすめのパーツ屋さんをご紹介します。

・ビーズ アクセサリーパーツの貴和製作所さん。

diy_summerbag_003
(出典:http://www.kiwaseisakujo.jp/

リボンや天然石、ビーズを始めにアクセサリー作りに関わるものが何でも揃う、アクセサリーパーツの王道ともいえるお店です。

diy_summerbag_004

今回は、ロンドンのフリーマーケットで購入してきたヴィンテージボタンとリボンを使ってリメイク!
海外の女性が持っているようなカゴバッグをイメージして、「kate spade」のようなカラフルさを取り入れる事にしました。

diy_summerbag_006

ボタンやビーズを取り付けるために、アクセサリーに使用する細い針金(左)を用意します。
また、バッグやポーチによく使われているタッセル(右)を持ち手にぶら下げても可愛いかもしれません。

diy_summerbag_007a

ボタンを通したあと、針金をくるくると後ろでひねっておくだけで留めることが出来ます。とっても簡単ですね。

diy_summerbag_007b

ハンドメイドの良さを活かして、好きなところに好きなボタンをつけていきます。
もし、パーツがうまく揃わない時は、使わなくなったピアスをそのままカバンに刺したりしても、素敵なアクセントになります。

次は、持ち手のところにリボンをつけてみます。

diy_summerbag_008

リボンはお菓子などに使われていたものを取っていたものと、リボンメーカーの「木馬」さんで購入したリボンとを合わせてマリンテイストにしてみました。
二枚重ねてバッグの持ち手に結ぶと可愛いらしくなりそう。
また、そのまま垂らしてもいい雰囲気に。

木馬は世界に知られるリボンメーカーですが、東京にあるショールームで個人でも購入することができます。本当に素敵なリボンがたくさんあるので、見ているだけでも楽しいスポットです。

・(株)木馬
東京都台東区蔵前4-16-8、都営地下鉄・蔵前駅から徒歩で。
Time Out Tokyoさんの記事もご参考にどうぞ)

diy_summerbag_010

およそ1時間。
理想のイメージを意識しつつ感覚的に作っていって、オリジナルのかごバッグが完成しました。

diy_summerbag_010

うん、カフェに持って行ってもいい雰囲気です。

いかがでしたでしょうか?
自分好みに作るカゴバッグのDIYは、やってみると簡単で楽しいものづくり。おすすめです♪

◆「インスピ Blog」読者アンケートを引き続き実施しています。ぜひご協力をお願いします!

[アンケートに回答する]


インスピはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

佐藤勝

佐藤 勝Writer

ライター/編集者/何でも屋。Web、デザイン、映像、アート、観光などの記事執筆や、企業・団体のコンテンツ制作など、色々やらせていただいております。 INSPIでは、生活やビジネスに役立つものづくりの情報から、面白スポットやまちづくりまで、さまざまなテーマの記事をお届けします。
http://lamp-creative.com/

← 記事一覧