一番選ばれているHTML5の電子カタログ

つくるを応援するブログ - INSPI

デザイン・アート

「秋のキャンペーン」にふさわしい、チラシのカラーリングはこれだ!

57642
views

こんにちは。早いもので9月ももうすぐ月末、秋の空気が深まってきましたね。業種によっては、秋のキャンペーンチラシやパンフレットなどの制作に追われるご担当の方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、手軽に秋らしい雰囲気を演出できる色の組み合わせについてご紹介したいと思います。

akicolor_001
まず、旅行代理店でもらってきた、秋の旅行企画のパンフレットを見てみましょう。いかにも秋らしい色合いを意識したデザインになっています。レッド、オレンジ、ブラウン、イエローといった暖色系の色が多く見られます。

これらの色はもちろん、私たち日本人が「秋」から連想させられるイメージにもとづいています。秋と聞いて思い浮かぶモチーフを考えてみましょう。

「紅葉」のレッド
akicolor_003
秋の色といえば、紅葉の赤色を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。今の時期、濃厚な赤色をまとった期間限定ビールが店頭に並んでいますし、秋を代表する色といってもいいかも知れません。

「紅葉」のイエロー
akicolor_002
紅葉とはいっても、イエローも準主役の色でしょうね。赤と黄の組み合わせで、秋の紅葉のイメージを表現できます。葉っぱではなく、月の色として連想される方もいらっしゃるでしょう。

「落ち葉」のオレンジ、ブラウン
akicolor_004
木からこぼれ落ちて、オレンジや茶色に色あせた葉っぱの色。または、栗の色ということで濃いブラウンも連想されることでしょう。

「稲穂」の濃いイエロー
akicolor_006
同じイエローでも、収穫を控えた稲穂のイエローは、濃厚で力強い色合い。夕日を浴びて、黄金色に輝く田んぼのイメージ、多くの方がお持ちではないでしょうか。

「ススキ」のベージュ
akicolor_005
淡いベージュ色がゆらゆら揺れる、どこかはかないイメージですね。

colortip_aki
色のラインナップは、だいたいこんな感じになります。
まとめるポイントとしては、レッドやオレンジ、イエローといった暖色系でまとめるのは良いのですが、あえて鮮やかになり過ぎないように彩度を抑え、全体的に明るさや鮮やかさを統一させてあげると、秋らしい落ち着きのある雰囲気が演出できます。

akicolor_009
実際の例を見てみましょう。こちらの表紙では、紅葉の赤と黄色を組み合わせた、分かりやすい配色になっています。

akicolor_007
稲穂のイエローをメインに色を組み合わせ、キャッチのところにピンクを入れてアクセントをつけています。

akicolor_008
こちらのパンフレットは「初秋」ということで、まだ紅葉に至らない緑の葉っぱのイメージをプラスしていますね。

今回ご紹介した色の組み合わせはあくまでセオリーの範囲。用途にあわせて臨機応変に工夫を加えつつ、効果的な宣伝物を作っていただけたらと思います。


インスピはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

佐藤勝

佐藤 勝Writer

ライター/編集者/何でも屋。Web、デザイン、映像、アート、観光などの記事執筆や、企業・団体のコンテンツ制作など、色々やらせていただいております。 INSPIでは、生活やビジネスに役立つものづくりの情報から、面白スポットやまちづくりまで、さまざまなテーマの記事をお届けします。
http://lamp-creative.com/

← 記事一覧