一番選ばれているHTML5の電子カタログ

つくるを応援するブログ - INSPI

デザイン・アート

違法な落書きではなく、お店のPRにも。ニューヨークでグラフィティアートを見よう!

30073
views

こんにちは。今日は、ニューヨークのグラフィティアートのお話です。世界中のクリエイターが集まるブルックリン地区やマンハッタンのチェルシー地区など、アートの雰囲気が濃い街では、クオリティの高いグラフィティ・アートが建物の壁を飾っています。
建物や街の景観を引き立てるような美しい作品もあり、非合法な落書きといった印象はありません。いくつか、そうした作品を見てみましょう。


ブルックリン地区を散歩していたら、まさにグラフィティを描いている現場に遭遇。

ブルックリン地区を散歩していたら、まさにグラフィティを描いている現場に遭遇。


同じくブルックリンにて。なんともいえない位置にある顔がこちらを睨んでいます。

同じくブルックリンにて。なんともいえない位置にある顔がこちらを睨んでいます。


なにか、ストーリーがありそうな、ステキなグラフィティアート。

なにか、ストーリーがありそうな、ステキなグラフィティアート。

立派なポップアートとも呼べるようなクオリティです。

立派なポップアートとも呼べるようなクオリティです。

こちらは飲食店の外壁に描かれた作品。なんというか、壮大な世界観を感じさせます。

こちらは飲食店の外壁に描かれた作品。なんというか、壮大な世界観を感じさせます。


マンハッタン西側のチェルシー地区にて。このあたりはアートギャラリーが多く、グラフィティもたくさん見つけることができます。

マンハッタン西側のチェルシー地区にて。このあたりはアートギャラリーが多く、グラフィティもたくさん見つけることができます。

ニューヨークでは1970年代にグラフィティアートが隆盛したといわれており、当時のカルチャーのなかから、数々のアーティストやイラストレーターが世に出て行ったそうです。しかしながら、公共施設や列車などに無許可で描かれた非合法の落書きがあふれてくると、地域の治安悪化に対する不安も広がってきました。

1990年代にニューヨーク市長に就任したジュリアーニ氏は「ブロークン・ウィンドウ理論」にもとづく犯罪抑止策の一環としてグラフィティアートを厳しく取り締まり、特に地下鉄でさかんに行われていた落書き行為を一掃。18歳以下の青少年には落書きに使えるスプレーを販売できないような条例まで施行させました。

現在でも、非合法の落書き行為は厳しく取り締まられていて、たまに古いビルの屋上といった場所で落書きがされているのを目にする程度になっています。その一方で、当局公認のスペースでアーティストが作品を描いたり、依頼を受けて店舗やビルの壁面に描くといったケースが増えているそうです。

ブルックリンの工場の壁面に描かれた、色鮮やかな作品。

ブルックリンの工場の壁面に描かれた、色鮮やかな作品。

足元には設計図とペンキ類が。完成したばかりのようです。依頼される形でなかったら、こんな白昼堂々と描けないですよね。

足元には設計図とペンキ類が。完成したばかりのようです。依頼される形でなかったら、こんな白昼堂々と描けないですよね。


こちらはマンハッタンのショップの壁面に描かれたもの。

こちらはマンハッタンのショップの壁面に描かれたもの。

チェルシーの繊維業者のシャッターにもこんな作品が。

チェルシーの繊維業者のシャッターにもこんな作品が。

自動車カスタムショップの建物に大きく描かれた作品。いいアイキャッチになっていますね。

自動車カスタムショップの建物に大きく描かれた作品。いいアイキャッチになっていますね。

観光ガイドに載っている有名な美術館に足を運ばなくても、街を歩いているだけで気軽にアートに触れることができるのがニューヨークの魅力の一つですね。今回ご紹介した以外にも、グラフィティアートはまだまだたくさんあります。読者の皆さんも、機会がありましたらぜひ一度体験してもらいたいものです。


インスピはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

佐藤勝

佐藤 勝Writer

ライター/編集者/何でも屋。Web、デザイン、映像、アート、観光などの記事執筆や、企業・団体のコンテンツ制作など、色々やらせていただいております。 INSPIでは、生活やビジネスに役立つものづくりの情報から、面白スポットやまちづくりまで、さまざまなテーマの記事をお届けします。
http://lamp-creative.com/

← 記事一覧