一番選ばれているHTML5の電子カタログ

つくるを応援するブログ - INSPI

ライフスタイル

【2017年版】ノートPCを収納できる、デザインに優れたリュックまとめ

10314
views

ノートPCやタブレット端末を収納できるバックパックの便利さは、一度体験するとやめられないものです。通勤や自転車での移動、あるいは長期間の旅行などにPCを持ち出しても疲れにくく、動きやすいのが嬉しいですね。そして最近ではビジネススーツや女性のファッションにも合わせやすいデザインの製品が増えてきました。今回は、デザインのすぐれたPCバックパックをまとめてご紹介します。

© Mila Supynska – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/62867455

1. 通勤から飛行機での出張までこれ一つで。

ビクトリノックス「VX ツーリング 15インチラップトップバックパック

(出典:https://www.victorinox.com/jp/ja/Products//Backpacks–Messengers/VX–15/p/601493

十得ナイフで有名なビクトリノックスの製品です。男性用バックパックとしては1.1kgと軽量で、15インチサイズまでのノートPCを収納できるバックパック。背中にあたる部分に、車輪つきのキャリーバッグのハンドル部分を通すスリーブがついているので、空港などでの移動も便利。ノートPC収納部のジッパーには撥水加工を施すなど細部までこだわった仕様で、普段の通勤から出張までこれ一つでカバーできそうです。サイズは190 x 310 x 460mm。

2. 「ラン&ビジネス」を志向する人にはこれ。

Aer 「Duffel Pack」

(出典:https://www.amazon.co.jp/

モダンで機能的なバッグが特徴のAer(エア)ブランドの高機能PCバックパックで、MacBookPro 15インチモデルまでのサイズのPCを収納できるパッド付きラップトップ用ポケットを備え、さらに通気性のあるシューズ用コンパートメントも。仕事に行く日もランニングを欠かさないアスリート志向の方におすすめの製品です。垂直のジッパーで内部へのアクセスがしやすいので、シューズでなくても大きな荷物の出し入れがやりやすいでしょう。
サイズはW300 × H560 ×D180mm。

3.スマートで男女問わず使える人気モデル

ISAR ECO YARN

(出典:http://www.coteetciel.jp/products/detail.php?product_id=17

ここ数年で人気急上昇の「コートアンドシエル」ブランド。そのラインアップのなかでも起業家やクリエイターといった人びとに向けにつくられた製品で、タイトさを感じさせないゆったりとした造形にもかかわらず、PCをはじめ仕事道具を素早く取り出せるデザインになっています。対応するPCサイズは13~15インチ程度。


(出典:http://www.coteetciel.jp/products/detail.php?product_id=171
さらに、ちょっとお高いですが、ヘリンボーン織りの素材にレザーを組み合わせたモデル「ISAR HERRINGBONE WEAVE AND LEATHER」も今年6月上旬に入荷予定です。

4.長く使えて愛着がわいてくる3ウェイPCバッグ

ハーヴェストレーベル 3-WAY BRIEF

(出典:https://www.harvestcorporation.jp/products/detail.php?product_id=1276&col=2

デザインと耐久性にすぐれたさまざまなバッグを世に送り出しているハーヴェストレーベル。この3-WAY BRIEFは、手提げ、リュック、ショルダーバッグと、3通りの使い方ができます。レザー部分には高級感を感じさせるイタリアンベジタブルタンニングレザーを使用していて、ナイロン部分も耐久性のあるしっかりした造り。PCポケットはもちろん、ペンホルダーやキーリング、オープンポケットなど他の収納部分も多彩で充実しているのが特徴で、オン・オフを選ばず日常的に使うことができそうです。
サイズは W300×H420×D110mm、ブラック、ネイビー、グレーの3色展開。

また2017年の最新モデルとして、同社の「DOUBLES BLACK」シリーズの新しいラインナップとして、ブラックレザーを使用した3-WAY BRIEFが登場しています。

(出典:http://harvestlabel.jp/products/jew-3065/

記事執筆時点(2017年5月)では掲載準備中のため詳細はわかりませんが、ブラックレザーが織りなす市松模様が個性的ですね。サイズはW320×H440×D145mmです。

5. フットワーク軽めのクリエイターにおすすめ。


(出典:http://venque.jp/backpack/alpinerucksack_bk.html

カナダのVENQUE(ヴェンク)ブランドのバッグはどれも、アメ色のレザーが美しいのですが、布地部分も水濡れや傷つきに強い独自製品です。このアルペンラックサックは、クラシカルな登山リュックのようなモチーフですが、デザインはとても洗練されていて、男女問わず普段使いができそうです。左右のポケットには飲み物のボトルが入り、内部にはPC用スリーブ、ジッパー付きポケットのほか、カメラボディとレンズ1本を収納できる、クッション付インナーバッグも。写真撮影や取材・執筆で活動する方や、自転車での移動が多いクリエイターにおすすめです。サイズはH470 x W305 x D170mm。


(出典:http://venque.jp/backpack/alpinerucksack_bk.html

このアルペンラックサック、グレーのモデルはまた違った雰囲気です。どちらを選んだらいいか悩みますね。

6. アウトドア・スポーツ志向の女性に。

グレゴリー「スケッチ22」

(出典:http://www.gregory.jp/item/detail/SKETCH22_A88_1/4846

一見、ランニングやトレイルをする方が使っていそうなバッグですが、ノートPC専用のコンパートメントが入っていて、PCも持ち運ぶことができるのです(実際にトレイルでも使えるとのこと)。アクセサリーポケットも充実している上にサイドから開閉できるコンパートメントもあり、自転車での使用にも便利。22Lの容量がありながら794gと軽量で、カラーもブラック、グリーン、レッド、ブルーの4色をラインナップ。アクティブな女性におすすめしたいです。サイズは W320 × H510 × D200mm。

7. バックパックで個性を出したいなら。

DAKINE CAMPUS 33L

(出典:http://shop.billabongstore.jp/fs/billabong/AG237019DWL-2017S)

サーフブランドとして知られているDAKINE(ダカイン)ですが、最近はかなり一般的に愛好者が増えているそうです。以前から、PCリュックのラインナップは豊富だったのですが、その特徴はなんといっても、デザインの多彩さ。写真はあくまで一例で、他にも方向性の全く違う多彩なデザインが展開されています。服装はいつもシンプルなので、バッグで個性を出したい、という方におすすめです。


(出典:http://shop.billabongstore.jp/fs/billabong/GoodsSearchList.html?_e_k=%82%60&keyword=%81yCAMPUS%2033L%20%81z&x=24&y=7

機能面もしっかりしていて、15インチサイズまで対応するパッド入りノートPC収納ポケットをはじめ、小物整理ポケット、フリース製サングラスポケット、メッシュ生地のサイドポケットから断熱クーラーポケットまで。フロントストラップもついているので、荷物をパンパンに詰め込んだ状態でもポジションを安定させられそうです。
サイズは、H510 x W330 x 230mm。

8. 女性専用の設計で、軽量・多機能そして個性も主張。

BURTON 「Women’s Tinder Pack [25L]」


(出典:http://store-burton.jp/

女性専用に設計されたモデルで、「ヴィンテージリュックサックスタイル + ミニマリストなデザイン」がコンセプトとのこと。クッション性に優れたショルダーストラップとバッグパネルは肩幅が狭い方に対応し、快適に使える重量配分になっています。パッド付きPC収納スペースのサイズは420 x 260 x 40mmと余裕があり、アクセサリーポケットなども充実。個性的な絵柄のバリエーションも豊富で、写真のモデルも含め6種類を展開しています。重量も0.8kgと軽量なのが嬉しいですね。容量は25L、サイズは520 x 320 x 160mm。

PCを持ち運べるバックパックは以前の記事でも取り上げたことがあるのですが、あれから2年が経ち、技術面はもちろんですがデザインの個性や使用スタイルも多彩になってきた印象です。それらの機能やデザインの向こうに、現代らしいさまざまなライフスタイルや生き方が想像できて、とても面白いなと思います。ぜひ、あなたにぴったりのPCバックパックを見つけて下さいね。


インスピはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

佐藤勝

佐藤 勝Writer

ライター/編集者/何でも屋。Web、デザイン、映像、アート、観光などの記事執筆や、企業・団体のコンテンツ制作など、色々やらせていただいております。 INSPIでは、生活やビジネスに役立つものづくりの情報から、面白スポットやまちづくりまで、さまざまなテーマの記事をお届けします。
http://lamp-creative.com/

← 記事一覧