一番選ばれているHTML5の電子カタログ

つくるを応援するブログ - INSPI

デザイン・アート

アート作品がバーカウンターになって大好評。竹ノ塚の「Bar Sora [ 宇宙 ]」

32601
views

こんにちは。今回は、アートとビジネスのコラボレーションの話題です。気鋭の画家が描いた作品がまるごとカウンターになっている、おしゃれなバーが東京都足立区にオープンしたと聞き、お店に伺ってきました。

お店の名前は「Bar Sora(宇宙)」。
東武スカイツリーライン・竹ノ塚駅前の商店街のなかで、ひときわ落ち着いた雰囲気のバーです。

c_sora_001

一歩入ると、薄暗い空間に、鮮やかなアート作品のカウンターが浮かび上がります。

この作品を提供したのは、北海道出身で、現在東京で活動するアーティスト、原こなみさん。

c_sora_002

2011年に女子美術大学を卒業後、本格的に活動を開始。日本画を基礎に、独自の世界観を表現し続けています。

c_sora_003
7メートル近くあるカウンターを彩るこの作品は、原さんがお店のために描き下ろしたもの。
昨年、内装を手がける設計事務所から人づてに「カウンターに絵を描けないか?」と相談があったことがきっかけでした。

「最初は、龍の絵を描いてくれないか、と頼んだんですよ」
同店のオーナーで、バーテンダーでもある加藤美之さんは話します。

それまで、個展やグループ展での活動が中心だった原さんにとって、飲食店の内装として絵を描くのは初めて。
「めったにないチャンスだから一生懸命やろうと思ったけれど、龍のモチーフは描いたことがなかったから、正直どうしよう?と最初は悩みました。でも、加藤さんや設計事務所の方とお話するなかで、『自分がいいと思うものを、思い切り描いてみなさい』とおっしゃっていただいて…自信をもって描くことができました」

c_sora_004

龍そのものを描くのではなく、原さんがここ数年描き続けている流木のモチーフを主題に据え、「龍ではないけれど龍に見える」作品が生み出されました。
この写真の原画も、店内で展示されています。

c_sora_005

原さんが美大時代に身につけた日本画の技法に、独自のアレンジを加えて描いています。流木の部分はベースとなる和紙の質感を生かしつつ鉛筆と墨で描き、色のある部分は、岩絵具と銀の箔で表現。さらに、箔に薬品をかけて化学反応を起こさせ、鮮やかで混沌とした色合いや光沢を表現しているそうです。

c_sora_006

近くで見ると、さまざまな形の渦が。アクリルガッシュメディウムという西洋絵画に使われる画材を下地にして、立体感を演出しているそうです。
(写真は原さん提供、2点とも)

対象が何であるかをはっきりと描くのではなく、さまざまな技法を組み合わせて抽象的な世界を描いた作品ですが、その狙いについて原さんはこう話します。
「お酒を飲みに来た人がこの絵を見て想像をふくらませ、過去の経験やそのときの心境などを投影しながら、自分だけのイメージを抱いてくれたら…と願って描いたんです」

c_sora_009

カウンターと一体化した絵は、もとの作品を撮影してデジタルデータ化し、引き伸ばして印刷したもの。カウンターの形状にあわせてカーブしているので、原画とはまた違ったダイナミックさが感じられます。

c_sora_007

座る位置によって、目に入ってくる景色が違うのも魅力的です。

c_sora_008

お酒に酔いながら見つめていると、絵の世界に吸い込まれてしまいそうです。

「龍でお願いしたけれど、龍よりいい作品だね」と加藤さんも大満足。
お店に来るお客さんにも好評で、このカウンターについて訪ねたり、元の作品を間近で見て感心したりと、とても話が弾むそうです。

「初めてのお客さんは『これは龍? それとも木の根っこ?』という風に興味津々で、『20代の若い女性が描いているんだよ』と言うとみんなびっくりするんだ(笑)」と加藤さん。オープンして1カ月あまりですが、作品はすっかりお店の目玉の1つとなっているようです。

c_sora_011

お店の外の看板も、道をゆく人の目を引きつけます。

c_sora_012

ショップカード・名刺も原さんの作品を全面に。
2種類のカードを並べると、作品の全体像が見られるという仕掛けです。

c_sora_010

原さんの作品が十二分に魅力を放っている「Bar Sora [宇宙]」ですが、もちろんバーとしての居心地の良さも素晴らしいです。金色のビールサーバーでは「エビス生ビール」を提供。

c_sora_013

ウイスキー、ワイン、カクテル、焼酎などに加え、日本酒も取り揃えています。加藤さん自身が「日本酒きき酒師」の資格を持ち、各地の選りすぐりの日本酒を集めているとか。

「とにかく、お客さんがゆっくりと自分の時間を過ごしてもらえる場所にしたかった。酒が好きで、酒に詳しい方が多いから、リクエストがあった酒はできるだけ仕入れるようにしています。ここはお客さんによって作られていく店ですよ」と加藤さん。

原さんはお店のオープン後もたびたび足を運んでいて、お店の関係者やお客さんとの交流が広がっています。

「普段アートを見に行かないような方々が私の作品に触れたり、身近に感じたりしてくれているのが新鮮で、とても嬉しいです。これまでやってきた個展や展示会などの活動は、どちらかというと美術界の関係者や、アートに興味のある人たちに向いたものでしたが、これからは普段アートになじみのない人びとに見てもらえるような活動もしていきたいな、と思っています。貴重な機会を下さった加藤さんや設計事務所の皆さんに、本当に感謝しています」

c_sora_000

空間づくりにかける加藤さんの思いと、原さんのアート作品の幸運な出会いによって生まれた「Bar Sora [宇宙]」。
その雰囲気と美味しいお酒を、ぜひ一度体験してただければと思います。

■Bar Sora [宇宙]
東京都足立区竹ノ塚6-1-12 [map]
第8マルホンビル2階
tel/ 03-3860-2010
open/ 20:00〜
日曜定休

■原こなみさんの作品と活動はぜひこちらでチェックを。


インスピはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

佐藤勝

佐藤 勝Writer

ライター/編集者/何でも屋。Web、デザイン、映像、アート、観光などの記事執筆や、企業・団体のコンテンツ制作など、色々やらせていただいております。 INSPIでは、生活やビジネスに役立つものづくりの情報から、面白スポットやまちづくりまで、さまざまなテーマの記事をお届けします。
http://lamp-creative.com/

← 記事一覧