一番選ばれているHTML5の電子カタログ

つくるを応援するブログ - INSPI

ライフスタイル

3年後、何してますか?未来の自分をクリエイティブに描いてみよう

15076
views

今年も早いもので、もう少しで6月。気づけば2016年の一年の半分が過ぎようとしています。今年の目標やビジョンを立てた人は一度日々を振り返ってみてはどうでしょうか?なんとなく過ぎてしまった、目標すら忘れてしまっている、なんて方や、もしくは反対に、計画通りに進んでいるなんて素晴らしい方もいるかと思います。
今回は、半年後、もしくは3年後、5年後でもいい、ワクワクしながら未来の自分を作りあげていく方法をご紹介していきたいと思います。

※トップ画像クレジット:
© beeboys – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/92423751/

個人的には、一つの目標は達成できそうだけど、他がなんとなく曖昧になってしまっている…。そんなところです。やっぱり目標を持つ、それに向かって進んでみるということは大変だけれど、自分の人生をよりよくする上でとても大切なことだと思います。

未来の自分を視覚化してみる
future-sketh_001
© leungchopan – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/99315810

未来の自分を想像してみてくださいと言われても、うーんと頭を悩ませて、ぼんやりとしたイメージや今の現状の続きでしか想像できないかと思います。みなさんはしっかりとした自分の未来像を描けていますか?
未来像を描けなければ地図もなく、進んでいくあてもない旅と同じようなものです。(それはそれで思いがけず、素敵な出会いがあったりするものですが。。)
もちろん、人生は想像できないことが起きたり、思い通りにはいかないのが現実ですが、それでも自分なりの地図が描けていれば気づいたときに意外と近くまで辿り着けたと感じる時がくるはずです。

まずは半年後、もしくは3年後、5年後……の自分の未来図を目に見える形で表してみましょう。

未来のイメージスクラップ
future-sketh_002
© adam121 – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/109393884

1枚の画用紙を用意します。3年後、5年後……どんな未来を選択したいか自由に描いていきましょう。
手描きイラストが得意な人はイラストで描いてもOKです。写真でイメージしたい人はネットを使ってイメージの写真を選んで切り貼りしてみてください。お気に入りの雑誌から切り抜きをしても構いません。ポイントは自分がワクワクしながら作ること。そして、リアルに想像できる具体性を持たせることです。未来の自分がどんなところに住んでいて、何を食べ、何を着ているのか、未来に欲しいもの、理想を自由な気持ちで描く事が大切です。

以前紹介させていただいたこちらの記事にもイメージボードの作り方を紹介しています。
アイデアや理想を形にする、イメージボードの作り方
(参照:https://www.ebook5.net/blog/imageboard/

未来のイメージスクラップが完成したら、ここからが大切です。毎日見る場所に飾ったり、手帳の1ページに貼ったりして、未来の自分像を再確認しましょう。

3年日記
3年後の自分をイメージできたら、日記や手帳などに日々コメントをつけていくこともオススメです。
prdct_img_12395
ミドリ 3years diary 3240円
最後のページに未来のイメージスクラップを貼っておき、1日を振り返って行動できたか見直してみること。その習慣をつけてみましょう。ミドリの3年日記はデザインも美しく、1日分の欄も少なめなので気軽に書くことができます。
スクリーンショット 2016-05-20 午後1.46.41
理想や目標に近づくためにはそのための行動も必要です。地図があっても、進まなければ辿り着けないのと同じです。最初は遠い道のりに見えても、日記を通して、日々少しずつ変化していく自分に楽しさやワクワクを感じることができたら、しめたものです。
inobun_056375_3
INOBUN3年日記 星座 

未来にタイムトリップしてみる
future-sketch_003
© blanche – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/52540351

というと、ちょっと語弊がありますが、時には実際に未来の自分を体験してみることもオススメです。
3年後、5年後……の自分が手にしているものを実際にちょっとだけ体験してみることです。未来の自分になりきって、いつもは行かないようなレストランに行ってみたり、欲しいハイブランドのものを試着してみたり、買ってみる。
あなたには憧れている人や自分がそうなりたいと思える人はいますか?自分が未来で関わりたいと思える未来の人に会いにいく。
実際にその人の持つ空気に触れて良いインスピレーションをもらうことも大切です。
いつもとは違うところに足を踏み入れてみることは時に勇気がいることですが、新たな驚きや新鮮さを感じると思います。
こんな風に未来の世界をちょっとだけリアルに感じてみることをお勧めします。その時に感じた想いはさらに現実味を帯びて、そうなりたいという気持ちを後押ししてくれることでしょう。
Kind mit Fragezeichen an Schultafel
© photophonie – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/48781984
習慣や自分自身のセルフイメージは一度固まってしまうと、なかなかその枠から抜け出せなくなってしまうもの。まずはそのセルフイメージの檻から出てみて、自分が未来にどうなっていたいのかを視覚化してみて、日々、文字に書いて振り返り再確認してみましょう。
自分が少しでも変わることはかならず、周りにも良い影響を与え、きっと少しずつ未来の自分に近づき、気づいたときにはきっとその自分に出会えているはずです。大事なのは地図をみて前に進んでいくこと。

現状に悩んでいたり、変わりたいなど想いを抱えている方がいたら未来のイメージスクラップ作りと未来にちょっとだけタイムトリップしてみることをお勧めします。


インスピはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

田中 夏実

田中 夏実Writer

デザイナー、旅行(特にNY)、映画好き。 DIY、デザイン、ファッションや海外のクリエイティブ事情を 幅広くご紹介していきたいと思います。

← 記事一覧