一番選ばれているHTML5の電子カタログ

つくるを応援するブログ - INSPI

作り方・コツ

超簡単!パワーポイントとiPadで作る、電子POP・サイネージ

40966
views

お店やイベント会場などで人目を引く電子POPやサイネージ広告。最近はiPadで掲示しているのを見かけることも多くなりました。今回はその電子POPを、Powerpointで簡単に作る方法をご紹介します。OfficeやiTunes以外のソフトは不要。とってもシンプルですので、気軽にチャレンジしてみて下さい。

popsign_001

まず、Powerpointで見せたいスライドを作ります。せっかくの電子POPですから、複数作って切り替えながら見せたいですよね。今回はカフェのPOPを想定して3枚作ってみました。

popsign_002

次に、[ファイル]から[画像として保存]を選択します。

popsign_004

ファイル保存のダイアログで、[フォーマット]をJPEGに設定。さらに下の[オプション]を開きます。

popsign_003

下の「スライドをグラフィックファイルとして保存」で、[すべてのスライドを保存]にチェックを入れます。
また、iPadの画面サイズを考えて、スライドのサイズも調整しましょう。第3世代のiPadを使うなら、幅2048以上あれば大丈夫でしょう。

popsign_005

名前をつけたフォルダの中に、画像化されたスライドが1ファイルずつ生成されます。

popsign_006

次に、スライドのファイルをiPadに転送します。iPadとPCまたはMacをつないで、iTunesの同期画面で[写真]タブを開きます。
[写真の共有元]から、先ほど作成したスライドの入っているフォルダを選択して[同期]をクリック。

popsign_007

iPadの写真アプリに、スライドファイルがフォルダごと転送されました。

popsign_008

あとはスライドショーで再生するだけなのですが、その前に設定アプリの[写真とカメラ]から基本設定を行いましょう。
[各スライドの再生時間]は2秒、3秒、5秒、10秒、20秒から選べます。あまり早いと読めないので、適宜調整ですね。
そして、[リピート]はオンに、[シャッフル]はオフにしておきましょう。

popsign_009

写真アプリで先ほどのスライドのアルバムを開き、右上の[スライド]から、スライドショーの設定を行います。
トランジション(画像遷移)の効果も色々選べます。[ミュージックを再生]をオンにして、あらかじめiPadに入れておいた音楽を選択すると、BGMをつけることもできます。準備ができたら、[スライドショーを開始]をタップ。

popsign_010

本来は写真を眺めて楽しむための機能なのですが、デジタルサイネージとして立派に動いてくれます。
スライドのキャッチコピーやデザイン、設置場所などを工夫して、効果を確かめてみて下さい。


インスピはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

佐藤勝

佐藤 勝Writer

ライター/編集者/何でも屋。Web、デザイン、映像、アート、観光などの記事執筆や、企業・団体のコンテンツ制作など、色々やらせていただいております。 INSPIでは、生活やビジネスに役立つものづくりの情報から、面白スポットやまちづくりまで、さまざまなテーマの記事をお届けします。
http://lamp-creative.com/

← 記事一覧