一番選ばれているHTML5の電子カタログ

つくるを応援するブログ - INSPI

ライフスタイル

大切な靴との末長いお付き合いを。革靴のケア方法と保管方法

4377
views

梅雨が近づき、革靴の管理が大変な季節がやってまいりました。皆さんの革靴はピカピカですか?人前に出て、必ず見られるのは足元。その人らしさが出る重要なポイントです。今回は、革靴のケアや保管方法についてお話しします。

靴を長く履きたいなら、毎日のお手入れが基本。

皆さんは革靴で出かけて帰ってきた後、靴をどのように収納していますか?脱ぎっぱなし、それともすぐに下駄箱に収納していますか。靴はお手入れをしてから収納しないと、くたびれたり、カビが生えてしまいます。明日からでも始められる、毎日のお手入れ方法です。

1.ブラシを使って汚れを落とす
全体の汚れを、化繊のブラシを使って落とします。縫い目やしわ、細かい部分も丁寧にブラッシングしてくださいね。

2.クリーナーを塗る

(写真出典:M.MOWBRAY エム.モゥブレィ ステインリムーバー 60ml

全体に薄く伸ばすように塗リます。塗るときに使うのは、この時ウエス(拭き取り用の布)を使って伸ばすと馴染みも良いし、シミになりづらいのです。塗り終えたらウエスの綺麗な部分でクリーナーを拭き取りましょう!この一手間で差がつきます。

3.クリームを塗る

(出典:M.MOWBRAY エム.モゥブレィシュークリームジャー)

クリーナーと同様にシュークリームを薄くムラなく伸ばします。クリーナーとクリームの役目を両方兼ね備えているタイプなら、2と3の工程は一度で済みます。クリームを塗ることで、ひび割れを防いだり、光沢を出すことができるのです。

4.全体を磨く
全体にクリームを塗ったら、靴の表面を豚毛ブラシでブラッシングして余計なクリームを落とし、ウエスで軽く磨きます。細かい部分もしっかり磨いてくださいね。たくさん塗りすぎると、埃を吸着してしまいます。

5.光沢を出し、仕上げ磨き
さらに光沢を出したい場合は、写真のようなポリッシュをウエスにとってくるくると円を描きながら靴全体に伸ばします。丹念に磨いた後はナイロンストッキングで仕上げ磨きをすれば、より一層艶やかになりますよ。

6.撥水スプレーで汚れ予防
靴から少し離して撥水スプレーをかけたら、完成です。シューキーパーを持っている方は靴に入れておきましょう。木製のシューキーパーは湿気をよく吸収し、型崩れを防ぎます。型崩れの有無は、履き心地にもつながります。

7.靴箱にしまう
普段使いのものは、少し陰干ししてから収納しましょう。湿気を下駄箱に持ち込まないことが大切です。

 

ヘルプミー!うっかり靴をカビさせてしまったら

(出典:東京都杉並区荻窪荻窪レザーサロン

数ヶ月ぶりに、お気に入りの靴を履こうと靴箱を開けたらカビていた…などと、悲しい思いをされたことはありませんか?スムースレザーならば、ご家庭でもお手入れできる方法があります。
革靴をカビさせてしまった時の対処法をお伝えします。

・アルコールで拭く
靴の表面にうっすら生えてきたような、軽度のカビには有効です。靴にいきなり吹き付けたりせず、初めは目立たないところで試しましょう。試してみて大丈夫そうであれば、濡れた布を固く絞り、アルコールを布に吹きかけてお手入れします。乾いた布で拭き取った後は、クリームなどを塗り通常のお手入れをします。

・専用のソープで洗う
表面のカビを拭いてもカビがまだ残っている場合は、専用ソープで洗うことが効果的です。

(写真出典:M.モゥブレィ サドルソープ

・プロに頼む
しつこいカビや根が深そうなカビは、靴のクリーニングを行ってくれる店舗に相談しましょう。最善の方法を考えてくれるはずです。

保管環境を整えて、靴をダメージから守る

カビの原因は言わずもがな、湿気です。靴にはカビが好む条件が揃っています。積極的に予防をすることで、カビの発生を防ぐことができますよ。
カビや割れなどから靴を守るなら、保管する環境を整えることが効果的です。玄関の下駄箱での保管やシーズンオフの靴の保管、両方に共通する大切なポイントをお伝えします。

・高温多湿な場所に保管しない
梅雨の時期は時々靴を出して風通しをしてあげましょう。靴も呼吸したいのです。扇風機の風を当てるのも良いですね。

・中敷部分に殺菌スプレーをして、カビ菌を滅菌する
専用の滅菌スプレーをかけ、乾かしてからしまえばカビの増殖を防げます。

(出典:ABCマート−GT除菌・消臭スプレー 180ml

・下駄箱の棚板にネットを敷く


(出典:M.モゥブレィ公式ホームページ 

一枚敷くだけで棚板が汚れにくくなります。また、靴底と棚板の間に隙間ができるので空気が循環します。靴の革底もカビが生えやすいので、ご注意くださいね。

自分の足に合った革靴は、人生の良き友とも言えます。ヘビーユースする靴も頻繁に履かない靴も、シーズンごとに様子をみてケアをすれば、何年も履き続けられます。あなたの大切な靴が長持ちしますように。


インスピはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

樋口 亜沙美Writer

ライター/講師/インタビュー記事作成を中心に、「聴く・組み立てる・まとめる・書く」の一連を仕事にしています。人と企業とモノが持つ「オンリーワンの魅力」を書く楽しさを日々味わっています。インスピでは、今すぐ知りたい解決法、仕事の疲れをちょっとの工夫で癒せるお役立ち記事をお届けしています!

← 記事一覧