一番選ばれているHTML5の電子カタログ

つくるを応援するブログ - INSPI

ライフスタイル
NY interior image

ニューヨークで見つけた、ステキなインテリア、アートなインテリア

8404
views

こんにちは、Masaruです。
実は私、先日ニューヨークに行ってきました。デザイン関連のイベントを中心に見て回ってきたのですが、なかでもインテリアの展示はとても個性的で、「こんなのがオフィスにあったらいいなぁ」と思える作品や製品がたくさんありました。写真もたくさん撮ってきたので、その一部をご紹介します。

■ちょっと遠い国々からやってきたインテリア

まずは、5月中旬にマンハッタンで開かれた「WANTED Design」という国際デザイン振興イベント。世界中からメーカーやデザイン事務所が出展していて、会場のあちこちで熱心に商談をする人の姿が見られました。

the Tunnel

会場は、古い倉庫を改装した商業施設「ザ・トンネル」。アートギャラリーやデザイン系ショップが集まる、マンハッタン西側のチェルシー地区にあります。

nyinterior_002
会場を進むと、まるでガラスのオブジェのような照明がひときわ注目を集めていました。こちらはDavid Trubridgeデザインによる、スワロフスキー・クリスタルをあしらった“Light Rain”という作品。同ブランドの製品は日本のFrancfrancの一部店舗でも取り扱っているようですが、この作品はあくまで参考展示のようです。

nyinterior_003
こちらの照明も個性的。Peter Bristol(シアトル)の“Juniper Thin LED Task Lamp”。近日発売予定だそうです。

nyinterior_004
ゆで卵をカットしたような、可愛らしいスツール。サイドテーブルとしても使えます。
METYLOS(フランス)の“Paul”という製品です。

また、このイベントでは、さまざまな国からのグループ出展がいくつかあります。その一つがこちら、「プエルトリコのデザイン」。

nyinterior_005

TAGd2の手がけたカップ&ソーサー

Victor Monserrate Designによるチェアー "Kanutos 1"

Victor Monserrate Designによるチェアー
“Kanutos 1”

こちらは、エルサルバドルのベルナール・デザインがプロデュースする、「キャロット・コンセプト」チームによる展示。

C&H Washington がデザインしたテーブルランプ

C&H Washington がデザインしたテーブルランプ

Maleta por Jose Roberto による、木製のスーツケース

Jose Roberto による、木製のスーツケース

ほかにもブラジルやカナダ・ケベック州というように、いろんな国のインテリアやプロダクトが出展されていました。日本には輸入されていなかったり、そもそも市場にまだ出ていない製品も多く、気になった製品については直接コンタクトを取るしかないのかなー、と思いますが、ちょっと遠い国の、ちょっと変わった発想のインテリアデザインは見ているだけでも楽しいものでした。


■アート作品としてのインテリア

ここからは、もっとアート寄りのインテリアをご紹介します。場所を変えて、ニューヨークで手工芸の作品を取り扱うデザイン美術館、「Museum of Arts and Design」の展示を見てみましょう。

見学したのは、9月15日まで開催中の企画展「Against the Grain」(木目に逆らって?)。
木を材料として制作したデザインや現代アートの作品を展示し、木材加工技術やインテリアデザインの新たな可能性を探るというものです。

ニューヨーク、デザイン美術館「Museum of Arts and Design」

ニューヨーク、デザイン美術館「Museum of Arts and Design」

「Against the Grain」展示会場

「Against the Grain」展示会場

鳥の巣をイメージしたチェア。 Nina Bruun(デンマーク)

鳥の巣をイメージしたチェア
Nina Bruun(デンマーク)

8000本の割り箸で作ったアコーディオンソファー Ushida Yuya(日本)

8000本の割り箸で作ったアコーディオンソファー
Ushida Yuya(日本)

ヨーロッパとアメリカで生産される、さまざまな木材を組み合わせて作ったチェアー。 Yard Sale Project(イギリス)

ヨーロッパとアメリカで生産される、さまざまな木材を組み合わせて作ったチェアー。
Yard Sale Project(イギリス)

Piet Hein Eek(オランダ) 木の廃材をデザインで蘇らせた作品。色使いがなかなかステキです。

Piet Hein Eek(オランダ)
木の廃材をデザインで蘇らせた作品。色使いがなかなかステキです。

このあたりまでは、木材を使ったデザインのコンセプト展示と取れなくもない内容なのですが、後半になると、もはや家具というよりも、メッセージ性を強く感じる作品が多くなります。

2人はいつも背中合わせ。この椅子も木材でできています。蒸気を使ってアッシュ材を大きく曲げているとのことです。 Christpher Kurtz(アメリカ)

2人はいつも背中合わせ。この椅子も木材でできています。蒸気を使ってアッシュ材を大きく曲げているとのことです。
Christpher Kurtz(アメリカ)

清朝の時代の椅子を再現し、それを一つに固めた作品。激動の中国史を知る人にとっては、想像力をかき立てられることでしょう。 Ai Wei Wei(中国)

清朝の時代の椅子を再現し、それを一つに固めた作品。激動の中国史を知る人にとっては、想像力をかき立てられることでしょう。
Ai Wei Wei(中国)

さまざまな合板を組み合わせた、引き出し式の収納棚。 Courtney Smith(アメリカ)

さまざまな合板を組み合わせた、引き出し式の収納棚。
Courtney Smith(アメリカ)

ニューヨークで見かけたインテリアデザインとインテリアのアート、楽しんでいただけましたでしょうか?また今後も少しずつ、ニューヨークで見てきたアート&デザインをご紹介していきたいと思います!


インスピはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

佐藤勝

佐藤 勝Writer

ライター/編集者/何でも屋。Web、デザイン、映像、アート、観光などの記事執筆や、企業・団体のコンテンツ制作など、色々やらせていただいております。 INSPIでは、生活やビジネスに役立つものづくりの情報から、面白スポットやまちづくりまで、さまざまなテーマの記事をお届けします。
http://lamp-creative.com/

← 記事一覧