一番選ばれているHTML5の電子カタログ

つくるを応援するブログ - INSPI

作り方・コツ

アルバイト・パート募集チラシ・ポスターの簡単&効果的な作り方

181126
views

こんにちは。今回は、効果的なアルバイトのチラシを作るコツを、実際に作りながらご紹介していきます。本格的なデザインソフトがなくても、PowerpointやWordでできますので、夏休みシーズンに求人のチラシやポスターを出したい方はぜひチャレンジしてみて下さい。

1. どんな情報を載せるかを考える

まず、いきなりパソコンで作り始める前に、どんな情報をチラシに入れるべきか、考えてみましょう。
アルバイトの業種や職種によって多少変わるとは思いますが、だいたい以下の情報が必要なのではと思います。

応募資格
勤務日数
勤務時間(シフト)
時給
仕事内容
交通費支給・まかない等の有無
応募方法
連絡先・申込先

街のお店の貼り紙などを見ていると、たまに

「アルバイト募集 時給900円 やる気のある人求む 委細面談」

という風に、シンプルで潔い募集告知を見かけますが、情報が少なすぎると、条件に合わない方が応募してくる可能性も高くなりますので、お店も応募者もお互いに時間のロスが多くなってしまうことにつながります。

情報が多すぎるとレイアウトが大変になりますが、応募者をある程度絞り込むためには、一定の情報量が必要です。その上で、求める人材が興味を持ちそうなキャッチフレーズやアオリ文などを考えるとよいでしょう。このあたりは、応募する側の立場を想像して、考えてみると良いかも知れませんね。

2. テンプレートを手に入れる

載せる内容が決まったら、テンプレートを探してみましょう。
Officeのテンプレートは最近、オフィス・オンラインの新しいテンプレートサイトにリニューアルしました。新しいテンプレートも追加されているようなのでチェックしてみましょう。

チラシ・ポスターのテンプレートでは、このあたりが良さそうです。

kyujin_design_001

企業向けのイベントチラシテンプレート。Powerpoint対応です。明るくてすっきりとした印象ですね。

kyujin_design_002

花咲く枝をあしらった、チラシのテンプレート。こちらもPowerpoint対応です。春の時期にしか使えなさそうですが、季節感を出すことで、人の目を引きつける効果が期待できそうです。
また、外枠があることで、遠くから見ても印象が薄くならないという利点もありますね。

kyujin_design_003

こちらはWord用のチラシテンプレート。写真を大きく使えるデザインで、お店の写真や仕事のイメージを写真やイラストなどで大きく見せたい時に使えそうですね。

他にも、アスクルのスピードプリントセンターのWebサイトで無料公開されているチラシテンプレートもおすすめ。

kyujin_design_004

いろいろなジャンルの募集テンプレートがダウンロードできます。

kyujin_design_005

今回は、このオレンジ色の見出しのチラシテンプレートを使って作ることにします。

kyujin_design_006

とりあえず、文字の部分を載せたい情報内容に置き換えてみました。
バランスはあとで整えるとしても、やはり周囲の余白がスカスカな感じで、遠くから見るとインパクトに欠けるような気がします。

kyujin_design_007

そこで、2番目に紹介した花のモチーフのテンプレートのように、外枠をつけて注目度をアップさせることにします。まず、メニューの [挿入]→[図形] を選択します。

kyujin_design_008

[メディア] 設定パネルが出てくるので、四角形の枠を選択。
ドラッグ&ドロップで四角形を描画します。

kyujin_design_009

初期状態で四角形を作ると、枠線が太くなりすぎてしまいました。
でもご安心を。枠線の太さは調整ができるのです。作成した四角形の左上の頂点から少し右を見てみると、黄色いドットがつまめるようになっています。

kyujin_design_010

この部分です!
この黄色いドットをドラッグ&ドロップで動かすと、枠線のサイズを調整できます。

kyujin_design_011

枠の太さを調節して、全体を見てみます。これなら、さっきのデザインよりはインパクトが出せそうです。

kyujin_design_012

次に、画像をイラストに置き換えてみましょう。画像を右クリックして、[画像の変更] を選択。ファイルを選ぶと、画像が置き換わります。
今回は、こちらのサイトから、無料のイラスト画像をお借りしました。

kyujin_design_013

よくあるパターンですが、働く仲間のイメージを絵で見せることで、ぐっと親近感がわいてきます。ターゲットにあわせて、イラストや写真は有効に使いたいところですね。

kyujin_design_014

それぞれの情報の文字サイズや色、配置を調整しました。イラストは右に持ってきたほうがしっくり来るのでレイアウトを変更。アルバイトを探している人の気持を考えて、時給や手当の情報を大きく見せるようにデザインしました。
もちろん、申込先の電話番号の方を大きくするやり方もあります。目的にあわせて情報を強調する部分を選ぶと良いでしょう。

kyujin_design_0023

あとは、プリントアウトで完成です。

最後に、アルバイト募集のポスター・チラシの実例を見てみましょう。

kyujin_design_0020

飲食店で働くスタッフの元気そうな写真をたくさん散りばめたチラシ。楽しく、やりがいのありそうな仕事場の雰囲気を演出していますね。円を上手に使って、文字とイメージ写真をうまく散りばめたデザインです。

kyujin_design_0021

コンビニ店に貼り出されていた求人ポスター。お店ごとに必要事項を手書きしてカスタマイズできるデザインです。このように、多店舗を展開している場合は、一つのフォーマットで臨機応変に対応できますし、忙しいお店ならマジックで書き込むだけでOKというデザインは歓迎されそうですね。

kyujin_design_0022

こちらも飲食店のアルバイト募集ポスター。大胆なレイアウトでインパクトが出ていますね。このくらい大きなタイトル文字であれば、求人を出していることがひと目で分かります。

recrt_905

こちらは、全て手書きで作成した求人ポスター。タイトルを大きく書いたり、時給額や電話番号を赤色で書くなど、基本をおさえた書き方でとてもバランスがよいと思います。

recrt_904

こちらは、とてもシンプルなデザインで、あまり手間がかかってなさそうに見えるのですが、「パート・アルバイト募集中!」の文字を白抜きにして、ベタの赤色を大きくすることで、とても目立つ印象です。

recrt_903

こちらは、ドラッグストアのスタッフ募集ポスター。分割印刷機能を使って、A4の紙を貼りあわせた巨大ポスターに仕上げています。「大きなサイズで作る」というのも、インパクトが出せそうですね。
(ただ、ポスターの手前にも商品を積んでしまっていて、肝心の情報が隠れてしまってますが…)

最後にもう一つ実例を。

recrt_906

焼き鳥屋さんのアルバイト募集ポスターです。今回の作例と同じように、太い囲み枠をつけて目立つようにしています。これを少し離れたところから見ると…
recrt_901

やはり、枠がないデザインのものよりも目立ちますね!

皆さんもぜひ、街でいろいろな実例を見て、人目をひきつける求人チラシ・ポスターを作っていただければと思います!

※2016年4月1日追記:
街で見かけた募集ポスターの実例を追加しました。


インスピはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

佐藤勝

佐藤 勝Writer

ライター/編集者/何でも屋。Web、デザイン、映像、アート、観光などの記事執筆や、企業・団体のコンテンツ制作など、色々やらせていただいております。 INSPIでは、生活やビジネスに役立つものづくりの情報から、面白スポットやまちづくりまで、さまざまなテーマの記事をお届けします。
http://lamp-creative.com/

← 記事一覧