一番選ばれているHTML5の電子カタログ

つくるを応援するブログ - INSPI

ライフスタイル

あなたのドーシャはどのタイプ?世界最古のアーユルヴェーダで体質診断

4160
views

世界にはさまざまな伝統医学があり、人々の健康を支えています。今回は、世界三大医学の一つで、世界最古の伝統医学ともいわれる「アーユルヴェーダ」の体質診断をご紹介します。当てはまるものをチェックして、心身の健康に役立ててみて下さいね。


※トップ画像クレジット:
© Dmitry Ersler – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/112158126

インド・スリランカにおける伝統医学であるアーユルヴェーダでは、身体を構成するエネルギーのことをドーシャと呼んでおり、ドーシャには「VATA/ヴァータ(風)」「PITTA/ピッタ(火)」「KAPHA/カパ(水)」の3つがあります。
人はこれらの「ドーシャ」を全て持っておりますが、どの「ドーシャ」が強いか、弱いかなどは人により偏りがあります。自分の「ドーシャ」を知ることにより、最適な食事やストレスの解消方法がわかるのです。

当てはまる体質から自分の「ドーシャ」を知る

それでは、「ドーシャ」がどれに当てはまるのかチェックしていきましょう。
※この診断は簡易的なものです。詳しく調べたい方は専門機関をお尋ねください。

VATA/ヴァータ(風)
・モデル体型、痩せすぎな傾向
・乾燥肌
・ほりが浅い/浅黒い
・食べても太りずらい
・よくしゃべる、早口
・記憶力は良いが忘れやすい
・動作は素早いが落ち着きがない

13599976_1048512888564638_8073299334510299618_n
© Andrey Kiselev – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/113776040

PITTA/ピッタ(火)
・標準的な体型、グラマー
・汗っかき
・鼻筋が通っている
・よく食べる方、体重の増減が大きい
・はきはきとしっかり話す
・計画的で論理的
・自分にも厳しいが人にも厳しい

13606538_1048512891897971_2541130945506355670_n
© Dmitry Ersler – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/20976129

KAPHA/カパ(水)
・ぽっちゃり体型、体格がよい
・脂性、しめりがちな肌
・彫りが深い/色白
・太りやすい
・物静かで話し方はゆっくり
・物覚えは遅いが覚えたことは忘れずらい
・無気力、体がだるくなりやすい

13590388_1048512885231305_2253416114595451753_n
© taka – Fotolia.com https://jp.fotolia.com/id/109095624

あなたの「ドーシャ」を知ることはできたでしょうか。
「ドーシャ」は、様々な外的要因や、身体的特徴、精神的なものの影響も受けながら、どのエネルギーが多いか少ないかは常に変化しています。2つの「ドーシャ」を併せ持つ方もおりますので、その場合は両方を参考にしてください。

次は「ドーシャ」のバランスが崩れたときの対処方法をご紹介します。

●ヴァータ体質の方
体のバランスが整っているときは、好奇心が強く、創造性が豊かです。
しかし「ヴァータ」のバランスが崩れるときまぐれで飽きっぽい傾向がでてくることがあります。
体の末端が冷えやすいため、おすすめの食事は熱を通した、スープ・シチュー・鍋などの温かいもの。
控えた方がよい食べものは生野菜などの冷たいもの。
温かいお風呂や飲みものでリラックスと規則正しい生活を行うことで、バランスを取ることができます。
01

●ピッタ体質の方
長所は、情熱的で知的、そしてリーダーシップに溢れています。
しかし「ピッタ」のバランスが崩れると攻撃的になりやすく、完璧主義に偏りやすくなります。
おすすめの食事は生野菜などの冷たいもの、りんご・オレンジバナナなどのよく熟した甘味の多い果物。
乾燥したドライフルーツなどもおすすめです。
控えた方がよい食べものは、塩分が多いものや、酸味や辛味の多い刺激の強いもの。
過剰に「ピッタ」の傾向が出ている場合は、水に入り美しい自然に触れ、ゆっくりする時間をつくることで過剰なピッタを鎮めることができます。
02

●カパ体質の方
物静かで穏やかで忍耐力が強く、お金を貯めるのが上手ですが、カパが強くなると自分を過小評価して内向的になりやすい、また執着心が強くなる傾向にあります。
身体に油分が多く、重さがあり、溜め込みやすい傾向、消化に時間がかかる傾向にありますので、油分の少なく、あっさりとした温かいもの、温野菜や豆料理、干物などの乾燥した食べものがおすすめです。反対に塩分が多い揚げ物やナッツ類には注意しましょう。
「カパ」を鎮める方法としては、できるだけ体を動かすこと、予定を立てて規則的に行動することがおすすめです。
03

体調がすぐれないときは自分の「ドーシャ」を思い出して、適切な食事やリラックスを行うヒントにされてはいかがでしょうか。また、下記のリンクも参考にしていただけたらと思います。

<参考>
アーユルヴェーダセミナー
https://www.treeoflife.co.jp/ayurveda/
日本アーユルヴェーダスクール
http://www.ayv-school.com/
アーユルヴェーダライフ
http://www.ayurvedalife.jp/


インスピはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

若狭 寛子

若狭 寛子Writer

ライター/ヨガインストラクター/Webデザイナー
ストレッチ、マッサージなどのボディメイクに関連する記事や海外のカルチャーの違いなどをご紹介していきたいと思います。

← 記事一覧