一番選ばれているHTML5の電子カタログ

つくるを応援するブログ - INSPI

デザイン・アート

プレゼン資料と相性抜群!ストックフォトで迫力あるスライドを作る

12683
views

プレゼンテーション時に見せるスライド資料でインパクトを出したい時に、クオリティの高い写真を手軽に利用できるストックフォトはきっと心強い味方になります。今回は、ストックフォトをスライドづくりに活用する方法をご紹介します。

※トップ画像クレジット:
© DDRockstar – Fotolia.com
http://jp.fotolia.com/id/70913608

1. インパクトのあるタイトルスライドに

タイトルスライドは、これから始めるプレゼンテーションを印象づける重要な部分になります。
画像を入れるなら、インパクトのあるものや、期待感を抱かせるようなビジュアルにしたいところです。

例えばこちらのPowerpointテンプレートの上部の写真を、ストックフォトで探してきた写真と差し替えてみましょう。
slidephoto_002

ストックフォトサイトのフォトリアで「ビジネス 飛躍」というキーワードで検索し、こんな写真を見つけてきました。
slidephoto_001

© lassedesignen – Fotolia.com
http://jp.fotolia.com/id/53738624

ビルからビルへとジャンプで飛び移るビジネスマンの写真。新しい市場へのチャレンジ、といったイメージを表現できそうです。

slidephoto_003

テンプレートにあてはめて、タイトル文字を入れてみました。
写真とタイトルの内容がぴったりはまると、見る者に強く印象付ける効果が高まりますね。

もう1点、ちょっと違うジャンルの写真を使ってみましょう。「スキー 跳躍」で検索してみました。
slidephoto_004

© Jag_cz – Fotolia.com
http://jp.fotolia.com/id/71565962

スキーヤーが大ジャンプを決める瞬間の写真。こうしたスポーツ写真をビジネス的な内容に使っても面白そうです。

slidephoto_005

いかがでしょうか?
このように、言葉と写真のイメージがぴったり合っていれば、ジャンルの異なる写真でも大丈夫ですね。

タテ型の写真だと画面一杯のサイズで使えないのでインパクトは弱まりますが、こうして空いたスペースに情報を多く入れることができるので、タイトルスライドに日付や場所、サブタイトルなどの情報を盛り込みたい時は、こうしたチョイスも良いかと思います。

2. 課題をイメージさせる写真

今回の記事のトップ画像にも使わせていただいているこちらの画像は、「ビジネス 困った」で検索したものです。

slidephoto_006
© DDRockstar – Fotolia.com
http://jp.fotolia.com/id/70913608

ちょっとオーバー気味でユーモラスも感じさせる写真。ぱっと見た瞬間に目を引きますね。
問題解決の提案をする1つ前のスライドで、この写真を使ってみましょう。

slidephoto_007

次にどんなスライドが出てくるか気になりますね。
文字だけで見せるよりも、かなりインパクトが出せそうです。

3. 要点のまとめに使える写真

さて、次はこの写真を見てみて下さい。
slidephoto_008
© Didier Doceux – Fotolia.com

http://jp.fotolia.com/id/38878590

お菓子の写真がプレゼン資料に使えるのか? と思う方もいらっしゃるかと思いますが、このようにモノがいくつか並んでいる写真は、複数の要点をまとめて紹介するスライドに使うと効果的です。

slidephoto_009

ビジュアルで目を引きつけ、項目の色分けもできて、かつ遊び心も感じさせられます。
この写真は「マカロン 5」のキーワードで検索しましたが、ほかにもいろんな食べ物や小物などを試してみると良いでしょう。

4. 信頼感を演出

プレゼンテーションの終わりに、ぐっと信頼をつかむためのビジュアルがあると心強いですよね。
Powerpointのクリップアートギャラリーにも、定番の握手の写真が入っています。
slidephoto_010

これを使っても良いのですが、もっと強く印象づけられる写真がないかな? と、「握手」のキーワードで検索しました。
slidephoto_011
© shotsstudio – Fotolia.com
http://jp.fotolia.com/id/71209437

青空の広がる現場の写真を背景に、握手をする人と人のシルエット。握手のアップよりも、発展性や期待感を感じることができます。

slidephoto_012

ありがちな演出と思えなくもないのですが、写真のクオリティが高いので、つい目が引きつけられてしまいます。
他にも、「信頼」「解決」「成功」といったキーワードも試してみていただければと思います。

いかがでしたでしょうか?
先日の記事でご紹介したように、ストックフォトサービスは言葉のイメージに結び付いた画像を検索する機能がとても充実しているので、プレゼンテーションのスライドとも相性抜群です。
ビジネス雑誌などで使われているイメージ写真やカットイラストなども参考にして、ぜひ効果的に活用していただければと思います。


インスピはWebデザインとマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

佐藤勝

佐藤 勝Writer

ライター/編集者/何でも屋。Web、デザイン、映像、アート、観光などの記事執筆や、企業・団体のコンテンツ制作など、色々やらせていただいております。 INSPIでは、生活やビジネスに役立つものづくりの情報から、面白スポットやまちづくりまで、さまざまなテーマの記事をお届けします。
http://lamp-creative.com/

← 記事一覧