1. smartphone

デジカタジャーナル|ebook5

ニュース・コラム

雑誌の魅力をデジタルカタログで広げる「NEXT MAGAZINE」年末から開催

2943
views

この年末年始、デジタルカタログの強みを活かして、雑誌の魅力を多くの人にお届けするイベント「NEXT MAGAZINE」が開催されます。雑誌や書籍といった出版分野にデジタルカタログを活用する新しい取り組みとして、ご紹介したいと思います。

nextmagazine_101

NEXT MAGAZINE」は日本雑誌協会 デジタル国際委員会が主催するプロジェクトで、本年12月27日から2015年1月4日の期間、約50の女性向け雑誌の最新号がPCやスマートフォン・タブレットで無料閲覧できるもの。閲覧には会員登録やアプリダウンロードなどの手続きが一切不要で、興味ある雑誌をブラウザ上ですぐに読み始めることができるのが特徴です。

nextmagazine_102

「NEXT MAGAZINE」のティザーサイトには、すでに参加予定の雑誌の表紙画像がずらりと並んでいます。

nextmagazine_103

サムネイルをクリックすると、各誌の公式ホームページをチェックできます。イベント開始時にはこのサイトからすぐに最新号を読み始めることができるようになります。

「NEXT MAGAZINE」に参加予定の出版社は、光文社、コンデナスト・ジャパン、CCCメディアハウス、集英社、小学館、世界文化社、ハースト婦人画報社、学研パブリッシング、ぶんか社、文藝春秋、マガジンハウスなど、そうそうたる顔ぶれです。

もちろん、無料ですので最新号の全ページが読めるとは限りませんが、各誌50ページ以上は閲覧可能になるとのこと。
ジャンルもファッション誌を中心としつつ、雑貨、ライフスタイル、カルチャーなど、実に幅広い分野の雑誌が参加しているので、読者にとって「書店で見かけたことはあっても、読んだことはないなー…」といった雑誌でも気軽に開いてもらえる可能性も。

ここが、同プロジェクトの重要なコンセプトだと思います。会員登録やアプリダウンロードといったハードルをなくすことで、書店の雑誌コーナーで立ち読みをするような感覚で気軽に読んでもらえるようになり、より多くの読者との出会いの機会が生まれるはずです。

また、アンケート調査やデジタルカタログのアクセス解析などを実施して、読者の反応をダイレクトにつかむなど、宣伝だけでなく今後のコンテンツづくりにつながる施策も可能になります。

この「NEXT MAGAZINE」を閲覧する仕組みには、私たちのデジタルカタログ「ebook5」が使われています。「ebook5」はHTML5をベースとした閲覧システムなので、PC、スマートフォン・タブレットといったさまざまな環境に対応しています。

nextmagazine_104

こちらは『エル・ジャポン』(ハースト婦人画報社)公式サイトで公開されている試し読みコンテンツですが、今回のNEXT MAGAZINEと同じくebook5で動作しています。利用者はブラウザ上で気軽に誌面をめくって楽しむことができます。
HTML5ベースのデジタルカタログは、雑誌の読者層を広げるといったコンセプトにマッチした仕組みといえるでしょう。

雑誌とともに過ごす時間を増やすことで、雑誌のもつ魅力を多くの人に伝えたいーーぜひ、皆さんも年末年始に「NEXT MAGAZINE」を体験しながら、デジタルカタログの可能性に触れていただければと思います。


デジカタジャーナルはWebマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

佐藤勝

佐藤 勝Writer

ライター/編集者/何でも屋。トマトが好物。IT、Web、デザイン、アート、映像などクリエイティブ関連の記事や企業のコンテンツなど、文字を書く仕事を中心に、色々やらせていただいております。

← 記事一覧