1. smartphone

デジカタジャーナル|ebook5

ニュース・コラム

カタログ制作のデザインに役立つ参考サイト&テンプレート3選まとめ

40354
views

電子ブックを自社Webサイトに掲載されている方は多いかと思いますが、まずは、その大元のデータがないと始まりません。パンフレットやカタログを制作しよう! と思っても、企画からデザイン・コピーライティングと作業は膨大ですよね。そういったカタログを作成する時の参考になったり、実際に制作ができるWebサイトを集めてみました。もちろん、紙の資料は制作せず、最初からデジタルのみで配信するブック制作を考えているよ! という方のお役にも立つこと間違いなし。ぜひ、お読みくださいませ。

もくじ
1. パンフレット&チラシデザイン見本帳
2. MEME PAPER(ミームペーパー)
3. Office テンプレート
4. まとめ

パンフレット&チラシデザイン見本帳

パンフレット&チラシデザイン見本帳
http://desinfinity.net/pamphlet-flyer-mihon/

Desinfinityという日本で生産されたプロダクトやデザインを中心に紹介しているサイトの管理人さんが運用する、パンフレットやカタログなどの冊子や、チラシデザインのまとめサイトです。
Webサイトのデザインギャラリーは数多くあるのに、冊子デザインをまとめたサイトが見当たらないため、ご自分で制作されたとのこと。確かに、制作実績やキュレーションサイトのコンテンツ以外でカタログ等のデザインをテーマにしたページは見つかりません。そういった意味で、デザインに悩んでる人の大きな助けになることは間違いないと思います。

カタログやパンフレットのデザインが掲載されているページでは、1ページずつ丁寧にスキャンされており、コメントつきで紹介されています。

デザインはクリックすると拡大できるようになっており、細かい文字組みまでしっかりと確認できるようになっています。

最後には冊子の体裁や関連サイトの記載と、カラーパレットも表記。色の組み合わせなどは悩むことも多いと思いますので、とても参考になるのではないでしょうか。これは、ありがたい!

サイト内にもありますが、スキャンされたデータなのでカラーパレットには若干の誤差が生じることがあるそうです。ディスプレイによっても見え方は変わりますのでご注意を!

※例として、【明治「ココットカマン(北海道十勝カマンベールチーズ)」フリーペーパーデザイン】を取り上げさせていただきました。

MEME PAPER(ミームペーパー)

MEME PAPER(ミームペーパー)
https://www.memepaper.jp/

パンフレットやリーフレットなどのペーパーアイテムを、サイト内のテンプレート使用して自分で作ることができるサイトです。作成したデータを印刷して納品してくれるので、デザイン費を大幅に削減できます。価格もリーズナブルで短納期なので、パンフレット制作のコストやデザインに悩んでいる方の強力な味方となってくれそうです。

早速作り方を見てみると、これがとても簡単でビックリ。
大量のテンプレートの中から、業種や好み、サイズに合うデザインを選択して制作することができます。

デザインを選んだら、画像を差替えたり、レイアウトを変更したりとかなりの自由が効きます。もちろん、文字入れもOK。フォントも数種類から選ぶことができますよ。
デザイン制作はメールアドレスとパスワードを入力すれば、無料で行えるので、自分で作れるか不安……という方も気軽に試せそうです!
作成が終わったらカートに入れて、冊数を選べば発注は完了。価格は、Webサイトで確認ができます。ボリュームディスカウントもあるそうで、300冊以上ではオフセット印刷も選べるとのこと。驚きのサービスですね。

デザインの参考として、ユーザーが実際に制作したパンフレットやカタログを見ることもできます。季節やイベントなどカテゴリごとに別れた特集から、人気の作品まで閲覧することが可能。
どのように作ったらいいかわからない場合、まずは他の方が制作されたデザインを見てみるとインスピレーションが湧くかもしれませんね。

カタログ・パンフレットのデザイン詳細では、制作した企業についてのコメントやURLなど会社情報を交えて紹介しています。
もちろんデザインは全ページ閲覧可能! 拡大もできますよ。こんなに本格的なカタログが自分で作れるなら、是非ともチャレンジしたいところですよね。

上記は「MEME PAPERスタッフ」の方が作成されたリーフレットを取り上げさせていただきました。実際のユーザー制作事例はぜひWebサイトでご覧ください。

Office テンプレート

Office テンプレート
https://www.microsoft.com/ja-jp/office/pipc/default.aspx

Officeの公式サイトでは、パンフレット・カタログやチラシ、葉書などさまざまなペーパーアイテムを制作するためのテンプレートが、豊富に用意されています。
仕事や学校、家庭などシーン別にテンプレートを選ぶこともできますし、キーワード検索も可能。
作りたい冊子に合わせたデザインが探せる上、WordやPowerPointなど使い慣れたOfficeソフトで制作できるので、安心感がありますね。

「カタログ」や「パンフレット」といったキーワードで検索すると、お目当てのデザインが見つかりやすそうです。
こちらは、製品パンフレットのテンプレート。

写真を大きく使うページや、商品の概要を入れ込むページなど、レイアウトが整っているので、デザインと聞くと及び腰になってしまう方にもオススメです。
会社案内のテンプレートでは、会社概要や事業内容などもとっても入れやすくなっています。

外部にデザインを委託するコストや時間はないけれど、自社で一からデザインを起こすことも難しい……という場合には、非常に心強いサービスになるかと思います。
もちろん冊子だけでなく、DMやチラシ・帳票などのテンプレートも用意されおりますので、ビジネスシーンで様々な活用方法がありそうですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか。ご自身でデザインを制作できる方も、少し自信がないという方も、デザイン見本やサービスを賢く活用することで、カタログ制作がグッと楽になること間違いなし。
印刷を必要としない電子ブックやデジタルカタログ専用デザインであれば、解像度もそこまで神経質に気にすることはなく、比較的作りやすさのハードルは下がります。

ピッタリの制作方法を見つけて、ぜひぜひカタログのデザインに挑戦してみてくださいね!


デジカタジャーナルはWebマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

伊藤 百世

伊藤 百世Writer

札幌でWebディレクター&ebook5サポートをやっています。コンテンツマーケティング目下勉強中。Webやデジタルカタログをもっとおもしろく、便利に使える方法を模索・紹介していきます。

← 記事一覧