1. smartphone

デジカタジャーナル|ebook5

ニュース・コラム

デジタルカタログを使ったギフトカタログまとめ5選

9571
views

厳選した有名店のギフトカタログをご紹介

ついに2014年も残すところ2ヶ月を切りました。本格的な冬の訪れまであと僅か、といったところでしょうか。この時期、年末商戦に向けてお歳暮などのギフト販売が盛り上がりを見せます。今やあらゆる業種で個性的な商品を取り扱っているため、販売戦略に試行錯誤している方も多いのでは。

今回は大手百貨店などのカタログ5種類をピックアップしました。オンライン集客に強い存在感を放つ窓口となるデジタルカタログ。年末年始の贈り物にとどまらず、ギフトカタログとして、企画・作成の参考にしてみてはいかがでしょうか。

年の瀬目前! 差をつけるギフトカタログ

デジタルカタログの魅力は、動作が軽く見た目にも美しいことはもちろんですが、やはり全国どこにいても気軽に閲覧できる、という点にありますよね。生活環境によって、ひと昔前は手に入りにくかった商品でも、インターネットが発達したお陰で、見つけやすくなりました。そういった中でも、ギフトや贈答品で大切にしたいのが「選ぶ楽しみ」。ショッピングサイトなどでも商品を検索することはできますが、一冊にまとまっているカタログという媒体は、デザイン性もWebサイトとは方向性が異なり、またひと味違う趣を感じさせてくれます。
そんなカタログをオンライン上で見ることができたなら。今年は何を贈ろうかなと考えた時、寒い屋外に出かける前に、暖かいおうちの中でご家族でカタログを見ていただけるかもしれません。デジタルカタログから直接の購買に繋がらなかったとしても、様々な情報を目にしてから実店舗に来店されるお客さまは、購買意欲を最大化していらっしゃるのではないでしょうか。

では実際に、電子化された冬ギフトのカタログを見て行きましょう。
ebook5サービスを用いて、ブックを作成していただいた事例をご紹介します。

百貨店・デパートの年末年始ギフト デジタルカタログ事例

百貨店では良質な食材やスイーツ、ワインなどのグルメ商品から、ファブリックやカトラリーなど、圧倒的なバリエーションという、強みを活かしたラインナップが特徴です。品数も多いため、一冊のカタログでまとまっていると、あれこれ検討しやすく、とても助かりますよね。
gift_mitsukoshi
株式会社 三越伊勢丹 様
http://my.ebook5.net/mitsukoshi/genteigift2014/

小売・スーパーマーケットの年末年始ギフト
デジタルカタログ事例

同じ小売業でも、スーパーマーケットを多く展開する業態では、やはりメインは食品関係になるようです。他にもお酒や洗剤など、これぞお歳暮という品揃えは、見ているだけでワクワクするものです。商品ページのみならず、冒頭の特集も凝った作りとなっているので、ますます期待や意欲が高まるのではないでしょうか。
gift_aeon
イオンリテール 株式会社 様
http://www.aeonretail.jp/campaign/wintergift/catalog/

おせちのデジタルカタログ事例

また12月はお歳暮だけではなく、おせちの季節でもありますね。目にも嬉しい豪華絢爛なおせちの数々は、デジタルの美しい画質でより映えます。
そしてこちらのカタログでは、各商品からオンラインショッピングへリンクしています。欲しいと思った時にすぐ買える、顧客を逃しにくい仕組みができているのですね。
ギフトカタログと一緒に、おせちもデジタル化を考えてみてはいかがでしょう。
gift_maruhiro
株式会社 丸広百貨店 様
http://my.ebook5.net/maruhiro-jp/NLV7DH/

特別な日のギフトを、
デジタルカタログで魅せる

歳末などの年中行事に限らず、お祝いごとをはじめ、様々なシーンで贈り物をする機会に遭遇します。

結婚式では、近年カタログギフトの需要が増え、引出物にもよく利用されています。
ゲストが自身で品物を選べるので好みに合ったプレゼントができ、贈る側も品物選びに悩む負担を減らせます。

とはいえ、自分らしい贈り物を選んで贈りたいという気持ちもありますよね。
悩むのもまた楽しい。そんな気持ちを叶えるカタログも、たくさん存在します。
専門にカタログギフトのサービスを展開している会社もありますし、小売店や飲食店でウェディングギフトをなどカタログにまとめていることもあります。

どんなギフトを選ぶか、色々なカタログを簡単に見比べられるのもデジタルのいいところです。

ウェディングギフトのデジタルカタログ事例

コーヒーショップのギフトは特長を活かしたウェディングセット。こだわりのあるカップルや趣味仲間にはとても喜んで貰えそうですね。
カタログの作りは表紙裏表紙を除くと見開き1ページ。シンプルですが、インパクトのある画像判読しやすい文字サイズで、見ていて心地の良い一冊となっています。
gift_maruyamacoffee
株式会社 丸山珈琲 様
http://my.ebook5.net/maruyamacoffee/1876c26e5c964d14e9b7964e27586a43/

スイーツギフトのデジタルカタログ事例

スイーツ店など女性人気の高いお店は、カタログの装丁も可愛らしいところが多いようです。誕生日お土産・季節の挨拶など、時と場所を選ばず多岐にわたって利用できるお菓子のギフトは、デザインもコンテンツも充実のカタログで躍動感たっぷりに紹介されています。商品情報に併せて、お店の歴史やこだわりを綴った読み物など、冊子として高い完成度を誇っています。
gift_moncher
株式会社 Mon cher 様
http://my.ebook5.net/mon-cher/gift/

特別な日に何を贈ろうか、相手が大切であればあるほど迷ってしまうもの。
思いついた時にすぐに見られるデジタルカタログは、比較検討がしやすく非常に利便性の高いツールだといえます。
特にギフトカタログは既に印刷用データが用意されている場合も多いため、低予算で電子化することが可能なのではないでしょうか。
新規開拓にも既存のお客さまへのサービスにも貢献できるデジタルカタログ。本格的な年末商戦を迎える前に、ご検討してみても良いかもしれません。

この記事のまとめ

  • ・どこにいても閲覧できるデジタルカタログで、新たな顧客層の開拓を
  • ・カタログ形式で商品を見られるため、選ぶ楽しみや趣が味わえる
  • ・デジタルカタログで購買意欲を最大化、実店舗の売上に貢献するかも
  • ・お祝い事やお土産にも使える、個性的なギフトカタログがたくさん
  • ・低予算でデジタル化できる場合が多いため、費用対効果が出やすい


デジカタジャーナルはWebマーケティングの株式会社ルーラーが運営しています

伊藤 百世

伊藤 百世Writer

札幌でWebディレクター&ebook5サポートをやっています。コンテンツマーケティング目下勉強中。Webやデジタルカタログをもっとおもしろく、便利に使える方法を模索・紹介していきます。

← 記事一覧